中村倫也はなぜ人気?演技力は本当に高いのか|行列のできる法律相談所に出演

最近テレビ番組でよく見かけるようになってきた、俳優の中村倫也(なかむら ともや)さん。

『行列のできる法律相談所』への出演によって、ますます注目を集めています。

そこで、中村倫也さんはどういう人物なのかを見てまいりましょう。

彼はどうして人気で、その演技力は本当に高いのでしょうか…?

 

中村倫也のプロフィール

中村倫也さんは1986年12月24日、東京都出身の31歳です。

高校時代にスカウトされて芸能界へと入ることになったという中村倫也さん。

俳優としては2005年、映画『七人の弔』に出演したことによってデビューしました。

徐々に俳優として頭角を現していった中村倫也さんは2014年、舞台『ヒストリーボーイズ』に主演したことで読売演劇大賞優秀男優賞に輝きました。

『ヒストリーボーイズ』は中村倫也さんにとって舞台初主演作だったといいますから、すごいことですよね。

以後、中村倫也さんは若手俳優として注目されるようになり、さまざまな映画、ドラマ、舞台などで活躍してきております。

これまでに出演してきた映画は、『そして父になる』、『海月姫』、『3月のライオン』など。

ドラマは『下町ロケット』、『スーパーサラリーマン左江内氏』、『崖っぷちホテル!』など。

現在放送されているNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でも活躍している中村倫也さんから目が離せそうもありません。

 

中村倫也はなぜ人気?

中村倫也はなぜ人気?演技力は本当に高いのか|行列のできる法律相談所に出演

スポンサーリンク

中村倫也さんといえば、今もっとも旬な若手俳優の1人といっても過言ではありません。

しかし、そんな彼はここ数年、急激にドラマ出演が増えはじめたわけではありませんでした。

そもそも俳優デビューしたころから、ドラマ出演のペースはかなり多めだったのですね。

デビューした2005年だけで、『H2〜君といた日々〜』、『刑事部屋〜六本木おかしな捜査班〜』、NHK連続テレビ小説『風のハルカ』、『相棒4』、『unplugged〜アンプラグド〜』というすごさです。

しかし人気が沸騰してきたのは最近ですから、その理由が知りたいものですよね?

もちろんイケメンだからということもあるのでしょうが、中村倫也さんの人気はキャラクターも大きく影響していたといいます。

取り繕ったりしない性格、なかでもストレートな物言いがウケていたのです。

最近ではSキャラとまで称されるようになった中村倫也さん。

まだまだその人気が衰えるようなことはないでしょう。

 

中村倫也の演技力は本当に高い?

ここまで出演実績も多く人気も高かった中村倫也さんですが、演技力はどうなっているのでしょう。

俳優であればもっとも無視できないような話題ですから、気になってきますよね?

結論から言えば、中村倫也さんの演技力はそうとうなものでした。

彼はカメレオン俳優などといわれており、おなじ俳優のものとは思えないくらい演技に幅があったというわけです。

『闇金ウシジマくん Season3』では、女性やその家族をマインドコントロールしていく神堂大道という危険人物役。

『スーパーサラリーマン左江内氏』では、ムロツヨシさん演じる刑事と絶妙なコンビを組む刈野助造という警官役。

『お義父さんと呼ばせて』では、花澤葉理男という女装する男性役。

『ホリデイラブ』では、井筒渡というDV男役。

どれもこれも印象的ではあるものの、まったく役柄が違ったものばかりです。

これを1人で全部演じきったわけですから、中村倫也さんの演技力がただ事ではないと容易に理解することができますよね。

 

まとめ

イケメンなだけではなく、キャラクターも面白く、演技力も確かだった中村倫也さん。

ここまでそろえばもはや向かうところ敵なしといった感じがしますよね。

2018年もテレビなどで彼の活躍を見ることができるのが楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク