盲目の漫談家・濱田祐太郎が立ちトーークに出演!プロフィールや経歴を紹介

2018年6月7日放送の「アメトーーク」の立ちトーーク濱田裕太郎さんが出演します。

濱田裕太郎さんと言えば、2018年3月に開催されたR-1グランプリで優勝したことで一気に有名になりました。

濱田裕太郎さんは漫談を得意とし、ほぼ盲目のあるあるトークで大爆笑をかっさらい見事に優勝されています。

そんな大注目の濱田裕太郎さんがアメトーークに出演されるということで、まだ知らなかった人はこの人誰?となっていることかと思います。

本記事では濱田裕太郎さんのプロフィールや経歴をまとめましたので、ぜひ濱田裕太郎さんをもっと知って応援しましょう!

 

濱田祐太郎さんのプロフィール

濱田祐太郎さんのプロフィール

名前:濱田祐太郎(はまだゆうたろう)

職業:芸人(漫談家)

生年月日:1989年09月08日

身長:171cm

体重:85kg

血液型:O型

出身地:兵庫県 神戸市

趣味:フォークギター アコースティックギター フィンガーピッキング 大食い

特技:あんまマッサージ指圧師 針師 自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

NSC大阪35期

小さい頃から漫才が大好きで、テレビでお笑い番組がやっているのを聞いていたそうです。

ビッキーズとハリガネロックという2組が好きで(現在は2組とも解散)、その話芸に憧れお笑いの世界に進むことを決めたんだとか!

しかし、お笑いの世界に進むことは簡単ではなくNSCからは「目の不自由な人をサポートする仕組みはないからどこまでできるかわからない」とも言われていたそうです。

それでもお笑いの道を突き進むことを濱田裕太郎さんは、話芸のみで勝負してきました。

趣味のアコースティックギターはテレビ番組で披露し、ナインティナインの岡村さんを感動させていました。

スポンサーリンク

弾いた曲は「セピア色の写真」で、本当に上手でした。セピア色を知らないというオチもあり笑わせて頂きました。

ギターは10年くらい弾いているそうで、押尾コータローさんが好きだそうですよ。

 

なぜ濱田裕太郎さんは誰にも負けない実力が身についたのか?

濱田さんのインタビューなどを聞くと分かりますが、自分のネタを冷静に分析することで何が不足しているのか、何を強化すべきか常に考えていることが分かります。

ずっとお笑いに真っ直ぐで人一倍努力しているのですから、そりゃ優勝しますよね!

 

濱田裕太郎さんをサポートしている芸人って誰?

溝口幸雄(ゆきお)さん(25)という方です。

濱田さんとは同期の芸人で、5年ぐらいサポートしているんだとか。

 

濱田祐太郎さんの目がほぼ見えない原因

先天性緑内障が原因とのことです。

発達緑内障とは、隅角という部分の発育異常により、眼圧が上昇し、視神経が障害される病気です。わが国での発症頻度は、約3万人に1人と報告されています。発達緑内障は、早発型発達緑内障(生後1歳までに約80%が発症する、生まれた時に起こっている場合は先天緑内障とも呼ばれる)、遅発型発達緑内障(隅角異常の程度が軽く、主に10~20歳代で発症する)、他の先天異常(無虹彩症、スタージ・ウェーバー症候群、ペータース異常など)を伴う発達緑内障、の3つに分類されます。

引用元:http://www.japo-web.jp/info_ippan_page.php?id=page11

濱田さんは生まれつき左目が見えず、右目も明暗がわかる程度であるとのことです。

小学生・中学生くらいのころは今よりちょっと見えていたそうな。

舞台に立っているとき、それを感じさせないところに濱田さんの凄さがあると考えます。

通常であれば「盲目の方を笑ってはいけないのでは?」と戸惑ったり身構えてしまうところで、濱田さんの人柄や「まあどっちか迷ったら笑っといてくださいよ」という呼びかけにより、観客は大笑いすることができます。

本当は見えているでは?と思わせてくれるほど自然に笑わせてくれるので、芸人さん達からもしっかりいじられていますし、ファンとのコミュケーションも素晴らしいところがあります。

まさに王者になるに相応しい方だったと思います。

 

濱田祐太郎さんの経歴

  • 小学校・中学校までは地元の学校。高校からは盲学校へ通っていた
  • 特別支援学校卒業後(あんまマッサージ指圧師有)
  • NSC入学
  • 2012年:R-1ぐらんぷり準決勝進出。
  • 2013年:R-1ぐらんぷり2回戦敗退。
  • 2017年:NHK新人お笑い大賞本選出場。
  • 2018年:R-1ぐらんぷり優勝

2018年のR-1ぐらんぷりで優勝したことで有名になりましたが、2012年には準決勝していたんですね!

それにしても2018年のR-1グランプリのネタ、めちゃくちゃ面白かったですよね!

まだ見れていない方は、youtubeなどで探してみてください。

 

まとめ

「ほぼ盲目だから」という理由で面白いのではなく、純粋に芸人として面白いですよね。

濱田裕太郎さんのネタを見たり、トークを聞くと元気になれます。大笑いさせてもらっているだけで感謝感謝です。

これからどんな企画に参加していくのでしょか。新ネタにも期待しています!

スポンサーリンク