根尾昂は中日ジュニア?中日ファンで小学生時代から縁

根尾昂は中日ジュニアだったのか?また根尾昂は中日ファン?など、何かと中日と縁がありそうな根尾昂。

小学生の頃には中日ジュニアに居たという噂も。

そこで今回、根尾昂選手は中日ファンなのかという素朴な疑問から彼の魅力まで幅広く迫っていきたいとおもいます。

 

根尾昂は中日ジュニア出身って本当?

「根尾昂」と検索すると、「中日ジュニア」と出てくることから気になっていた方も多いのではないでしょうか?

そう、何を隠そう根尾選手は小学生の頃、中日ドラゴンズが運営している小学5年生から6年生を対象とする「中日ジュニア」というチームに所属していました。

その中日ジュニアとは、小学生を対象としていながらも、やはり相当に野球の上手い子でなければ入ることの出来ないエリートチーム。

選考会を経て最終的に残ったものでなければ入団できない狭き門なのです。

そんな狭き門を突破し見事入団テストに合格した野球のエリート小学生がまさしく根尾昂選手。

中日ジュニアへ入団するための選考内容は、身体能力をはじめ技術、野球に対する姿勢なども見ているという。

このチームに入団出来たというだけでも、どれだけ根尾選手が子どもの頃から野球選手としての可能性を秘めていたのかがわかるのではないでしょうか。

 

根尾昂は中日ファン?

2018年のドラフト会議にて4球団から1位指名を受け、抽選の末、中日ドラゴンズが交渉権を獲得し、仮契約を済ませた根尾昂選手。

そんな彼はもともと大の中日ファンであったという噂があちらこちらから聞こえてきます。

そこで調べてみた結果、噂は本当でした!

その理由として挙げられているのは、根尾選手はイチロー選手の大ファンで、名古屋を拠点にする中日ドラゴンズの大ファンでもあるのだとか。

小学生の頃には中日ジュニアにも選出されていたことから、どの球団でも良いと表明しながらも、本心では中日ドラゴンズを希望していたのではないかと言われています。

そのためドラフトでは相思相愛であったとされ、凄まじい両者の縁を感じた方も多いのではないでしょうか。

高校を卒業する2019年からは晴れてプロ野球選手の仲間入りを果たす根尾昂選手。

さらなる成長が期待される彼の野球人生から目が離せません。

根尾昂の成績について!ポジションや動画はあるのか?

現在最も注目されている男の一人、根尾昂選手。

学生時代は投手と遊撃手を兼ねた二刀流の選手として活躍し、彼の投げるストレートは最速150kmを誇っていました。

根尾選手が高校で打った通算ホームラン数は32本。

そして2018年夏の甲子園100回大会では、21打数9安打、3本塁打、5打点という成績を残しています。

彼の活躍も大きく大阪桐蔭高等学校は大会史上初となる2度目の春夏連覇を達成。

また高校日本代表として、U18アジア選手権にも出場。

そんな根尾選手の才能の片鱗が垣間見れる動画がYouTubeにありました。

それは中日ジュニア時代のもの。

背番号は1。この時から素晴らしいバッティングを見せているので、気になる方はぜひご覧になってみてください。

中学生になると「飛騨高山ボーイズ」に入団。その頃には球速146kmをマークし一躍注目を集めることとなるのです。

こうした全ての経験が今の根尾昂選手を作り上げていったのでしょう。

今後の活躍がますます楽しみな選手の一人ですね。

 

根尾昂伝説!

根尾昂伝説!

やっぱり根尾昂は凄かった。

そんな彼の伝説をまとめてみました。

根尾選手の凄さは野球だけにとどまりません。

彼は野球以外にもソフトボール投げで遠投89mをマークし、小学生の部歴代1位を記録。

中学2年生の頃には、アルペンスキーの大回転でも全国優勝を果たしました。

スポンサーリンク

また大回転は、世界大会へと出場するほどの実力の持ち主であったのだとか。

しかしこの頃から野球に専念することを決意し、野球一筋の道へ。

このように野球以外のスポーツでも才能を開花させていた根尾選手でしたが、中学時代はそれだけにとどまらず、生徒会長や学級長なども務めていたという真面目っぷり。

文武両道でもある彼は学業もおろそかにすることはありません。

成績は常にオール5に近く、大阪桐蔭の野球部内ではただ一人Aクラス入りを果たすほど優秀な生徒だったといいます。

こうした集中力はいったいどこから生まれてくるのでしょうか。

生徒でありながらも監督から「根尾さん」と呼ばれていることに、妙に納得させられるエピソードばかりですね。

 

根尾昂のチャームポイント「太眉」が細くなったわけ

根尾昂選手のトレードマークといえば、太くていまにも繋がりそうな眉毛でしたよね?

大活躍した甲子園でもそんな根尾選手の姿が多く映し出されていました。

しかし現在の彼はあの頃の自然派な太眉ではなく、きちんと整えられ、その上少し細くなっていると話題です。

実はこれにはちょっとしたハプニングが・・。

夏の甲子園後、地元の理髪店へ散髪に出かけた根尾選手。

5ミリほど刈り込み整えたそうです。

いつも通りに座っていたその時、「ジョリ」っという音と共になぜか眉毛も整えられていたのだとか。

根尾選手からの注文ではなかったようですが、きっと有名人になった彼へお店からのプレゼントだったのでしょうか。

その後、合流したチームメイトには「色気づいたのか?」といじられたといいます。

一般的に見れば、その整えられた眉毛も決して細眉とはいえませんが、野球一筋で頑張ってきた彼らにとっては、ほんの少し眉毛を整えただけでも、大きな変化なのでしょうね。

プロ入り後の根尾選手のお洒落の変化にも注目です。

 

根尾昂は読書家!彼が紹介した本とは?

根尾昂は読書家!彼が紹介した本とは?

NHKのサンデースポーツでは大越キャスターと根尾昂選手が対談。

その際に驚いたのは、彼が読んでいるとされる本でした。

大変な読書家で多くの本に触れているという根尾選手ですが、紹介された書籍からは、まだ彼が高校生であるという事実が信じられないほどに、専門的なチョイスだったのが、とても印象的です。

例えば外山滋比古の「思考の整理学」や渋沢栄一の「論語と算盤」、「ラテンアメリカ式メジャー直結練習法」など。

この放送で増版が決定した本もあったようで、その反響も大きかったようですよ。

文武両道といわれる根尾選手の裏に、地道な努力アリ!

「天才は一日にしてならず」とはこのことなのでしょうか。

高校生ながらまさにアッパレです。

 

根尾昂の名前の由来とは?

根尾 昂(ねお あきら)という名前の由来は、根尾選手が誕生した際、赤ちゃんながらに彼の持つエネルギーの凄さと生命力を感じ、前向きにのぼって欲しいという両親の願いが込められているのだといいます。

その名の通りに、素晴らしいエネルギーと努力で、前向きにプロの世界まで昇ってきました。

きっとこれからも前を向いて生命力溢れる気迫あるプレーをし続けてくれるのではないでしょうか。

また野球の技術面もさることながら、読書家な一面を持つ彼の精神論についても興味深くおもいます。

 

根尾昂のプロフィール

根尾昂選手のプロフィールを簡単に紹介します。

名前:根尾 昂(ねお あきら)

生年月日:2000年4月19日

出身地:岐阜県飛騨市

身長:177cm

体重:80kg

血液型:O型

ジャンル:野球選手

所属球団:中日ドラゴンズ

ポジション:内野手(遊撃手)

投球/打席:右投左打

出身校:大阪桐蔭高等学校

家族構成:両親・兄・姉

ニックネーム:「根尾さん」。同級生からはじまり先輩や野球部の監督にまで呼ばれていた。

練習終わりの楽しみ:お風呂。

性格:本人曰く「頑固」。

趣味:読書。スポーツ雑誌から小説、哲学書まで。

好きなプロ野球選手:イチロー選手。

好きな言葉:「継続は力なり」。

 

根尾昂は中日ジュニア?中日ファンで小学生時代から縁まとめ

中日ドラゴンズへの仮契約を済ませた根尾昂選手と中日との縁についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

大の中日ファンであるという彼とドラフト1位指名、そしてくじを引き当てた中日ドラゴンズとの素晴らしい縁からますます目が離せません。

背番号は「7」。

根尾昂選手の未来に幸あれ!

スポンサーリンク