【坂井真紀】10歳年下夫との私生活とは?旦那鈴木心との現在を調査

女優としてこれまでに数えきれないくらいの映画やドラマに出演してきた坂井真紀さん。

今回はそんな彼女の旦那との生活について見てまいりたいと思います。

はたして坂井真紀さんの旦那とはどのような人物で、どういうプライベートとなっているのでしょうか。

それではさっそく、ご覧ください。

 

坂井真紀のプロフィール

坂井真紀さんは1970年5月17日、東京都出身の48歳です。

成人した後である1992年、ドラマ『90日間トテナム・パブ』に出演したことによって女優デビューということになりました。

一方1993年には、「太陽が教えてくれる」のリリースによって、女優と並行するかたちで歌手としてもデビュー。

さらに1996年には、『ユーリ』への出演によって銀幕デビューも果たすこととなりました。

その後、坂井真紀さんはNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』、『まだ恋は始まらない』、『ごめんね青春!』、『監獄のお姫さま』といったドラマや、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』、『人間失格』、『スープ・オペラ』、『ゲゲゲの女房』といった映画に出演。

ほか、『髑髏城の七人』、『センセイの鞄』などといった舞台においても活躍しております。

そんな坂井真紀さんはバラエティー番組においても、『ココリコミラクルタイプ』でおおきな存在感を発揮していったことによって大変な話題となりました。

 

坂井真紀の旦那鈴木心との現在

坂井真紀の旦那鈴木心との現在

スポンサーリンク

売れっ子女優として名をはせてきた坂井真紀さん。

芸能界入りをしてから2018年現在で四半世紀以上にもなるわけですが、そんな彼女が結婚した旦那とはどんな人物なのでしょうか?

女優と結婚する人物ということになれば、俳優などの芸能人が真っ先に連想されるのではないかと思います。

しかし調べていったところ、坂井真紀さんの旦那は芸能人ではなく一般人であったと判明しました。

旦那は鈴木心さんといって、1980年10月24日生まれで2018年現在、37歳という人物でした。

つまり2人には10歳という年齢差があり、坂井真紀さんは姉さん女房だったのですね。

鈴木心さんの職業は写真家であり、坂井真紀さんとは映画での仕事が馴れ初めだったとのこと。

2人は2009年に結婚し、2011年には長女が生まれています。

結婚から10年近くもの時間が流れましたが、2人に離婚の噂はないため、幸せにくらしているものとみられます。

長女はもう7歳ということになりますが、学校など詳しいことが明らかになればいいですね。

 

坂井真紀の過去の彼氏は?

坂井真紀さんの旦那が一般人だったとは、少し意外な感じでしたよね?

それはともかく、坂井真紀さんが交際してきた彼氏にはどんな人がいたのでしょう。

やはり交際相手も一般人だったのでしょうか?

しかし、こちらはそういうわけではなく、れっきとした著名人ばかりだったのです。

まずはいしだ壱成さんで、映画『ユーリ』での共演で知り合ったとのこと。

デートしているのが報道されて話題になりましたが、破局してしまいます。

いしだ壱成さんといえば女性関係が派手なことで有名ですが、坂井真紀さんも彼女の1人だったのですね。

さて、いしだ壱成さんが元彼だったというのもおどろきでしたが、坂井真紀さんにはまだ有名な彼氏がいたようですよ。

あのミュージシャンの甲本ヒロトさんだったといいますから、ビックリさせられますよね。

先ほどもご紹介しましたとおり坂井真紀さんは歌手デビューもしていますが、その楽曲を甲本ヒロトさんが手がけたりもしていたようですよ。

彼氏がメジャーな人物ばかりということで、さすがといった感じですよね。

 

まとめ

坂井真紀さんは女優としてもプライベートにおいても、かなり充実していたようですね。

彼氏が有名人ばかりだったのに対して旦那は10歳年下の一般人とのことですが、そのギャップも素敵かもしれません。

これからも親子3人無病息災でやっていってほしいものです。

スポンサーリンク