室屋義秀のスケジュールが知りたい!2018年出場レース日程を紹介

今回はパイロットとして活躍してきている室屋義秀さんについて、いろんな話題をお届けしてまいりたいと思います。

はたして室屋義秀さんとはどのような人物で、2018年に出場するレースについては情報が分かっているのでしょうか?

それではさっそく、これらについて確認していきたいと思います。

 

室屋義秀のプロフィール

室屋義秀さんは1973年1月27日生まれの45歳です。

国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』のファンだったことから、自身もパイロットを目指したという経歴の持ち主だったそうですよ。

アニメやコミックから医師などを目指す人は少なくないようですが、パイロットというのはわりとめずらしいですから新鮮な感じがしますよね。

さて、室屋義秀さんが本格的に飛行機のトレーニングをし始めたのは中央大学時代のことで、当時は航空部に入部していたとのこと。

それからアメリカへと行って飛行機のライセンスを獲得した室屋義秀さんは、アドバンスクラス世界選手権の日本代表になるなど、頭角をあらわしていくことに。

以後、アンリミテッドクラス世界選手権、レッドブル・エアレース・ワールドシリーズなど、さまざまな大会で活躍していくこととなりました。

そんな室屋義秀さんは福島県福島市に住んでおり、NPO法人ふくしま飛行協会を作るなど、地域に根差した活動も展開しております。

スポンサーリンク

 

室屋義秀のスケジュールが知りたい!2018年の出場レースは?

大雨特別警報など各地で被害が出ている中で不謹慎なのかもしれませんが、無事トークショー終える事が出来ました。(^^) エアショー中止は残念でしたが、その分ご来場の皆様には室屋さんとの濃厚な時間をお過ごし頂く事が出来たかなと思っております。 お帰りの際にこの状況下にも関わらずお礼の言葉をいただいた方もいて、救われました。 皆様からのご要望通り、来年もう一度チャレンジします!! #breitling #ブライトリング #redbull #レッドブル #airrace #エアレース #pilot #yoshimuroya #室屋義秀 #airshow #エアショー #talkshow #トークショー #sunporttakamatsu #サンポート高松 #mikayla #ミケイラ

Kenji Iimaさん(@kenji_iima)がシェアした投稿 –

パイロットとして目覚しい活躍を繰り広げていた室屋義秀さん。

飛行機と本格的に関わり始めたのはまだ20歳くらいのときだったといいますから、そのキャリアは25年くらいに及ぶわけですね。

なんともすばらしい限りだと思いますが、室屋義秀さんの2018年のスケジュールとはいったいどのような感じになっているのでしょうか…?

室屋義秀さんが2018年に出場する予定となっているレースにも興味がわいてまいります。

そこで調べてみましたが、実にたくさん予定されていたみたいですね。

8月が、SUPER GT第5戦富士GT500mileレース、第30回記念札幌航空ページェント、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018第5戦。

9月が、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018第6戦。

10月が、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018第7戦。

11月が、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018第8戦。

4ヶ月も先まで埋まっているとはさすがですね。

くれぐれも安全に飛行してご活躍いただきたいものです。

 

室屋義秀の嫁や子供は?

パイロットといえば、男の子の将来なりたい職業ランキングでも必ず上位に入るものです。

そんなあこがれられる仕事をしている室屋義秀さんなのですが、結婚はしているのでしょうか?

結婚をしていた場合、子供がいるのかどうかも気になってきますよね?

45歳ということで結婚しているに違いないと思いましたが、室屋義秀さんはやはり既婚者でした。

室屋義秀さんは2005年に嫁と結婚していて、結婚生活は2018年で13年にも及ぶとのこと。

そんな室屋義秀さんの嫁は成子さんというそうです。

調べてみてもあまり詳しい情報はありませんから、とくに著名な活動をしているというわけではなさそうですね。

さて子供は娘が3人いたそうで、2018年現在、長女が12歳、次女が10歳、三女が8歳だそう。

こちらも詳しい情報などはありませんでしたが、画像などが気になってきますから、そのうち明らかになるといいですよね。

 

まとめ

室屋義秀さんの今後ますますのご活躍をお祈りしたいと思います。

嫁や3人の子供を持っているということなので、やはり危険がないよう気を付けてほしいですけどね。

2018年の各種レースの結果につきましても注目してまいりましょう。

スポンサーリンク