矢作穂香(やはぎ ほのか)さんの彼氏は誰?そしてドラマ「僕らは奇跡でできている」の青山琴音役で出演する矢作穂香さんをリサーチ!

今、人気急上昇中の矢作穂香さんの気になる彼氏は誰なのか?

「僕らは奇跡でできている」の青山琴音役はどんな感じなのか?この2つをテーマに彼女の魅力に迫ってみたいと思います。

 

矢作穂香の彼氏は古川雄輝?

矢作穂香さんの彼氏と噂される人は「イタズラなKiss Love in TOKYO」で共演した古川雄輝(ふるかわ ゆうき)さんです。

このドラマは多田かおるさん原作の人気漫画で、中国・香港・台湾などでも実写化されています。

 

ドラマでもお互いの恋人役としてして出演されていたのですが、タイトルの通りキスシーンが多くさらにこのドラマ内でのやりとりが視聴者からすると非常に仲睦まじく見えたようで「この二人…本当に付き合っているんじゃないの?」「むしろそうあって欲しい…お似合いだし」と噂になりました。

また撮影後に「今日のキスは良かったね」なんて会話を2人がしていたとの情報もあり、どうやらドラマから始まった熱愛ではないかと思われています。

このドラマは1996年10月~12月までテレビ朝日系で放送されていました。

古川雄輝さん演じる入江直樹は成績がとても良い秀才タイプでスポーツも出来てしまう完璧ボーイ!だけどツンデレで意地悪な性格という役柄です。

一方、矢作穂香さん演じる相原琴子はいつでもどんな時でもポジティブで明るい女の子。

成績はあまり良くないしドジな所もありますが、入江くんへの想いは誰にも負けないというとってもキュートな役どころです。 そしてそんな一途な琴子と直樹のツンデレ具合にキュンキュンするドラマで、どうやらここから親密な関係になったのではないかと言われています。

 

古川雄輝ってどんな人?

矢作穂香さんの彼氏と噂される古川雄輝さんですが一体どんな人?なのでしょうか?

古川雄輝さんは医師である父の仕事の都合で7歳からカナダで8年間過ごし、高校から単身ニューヨークに3年間移り住み、計11年間を海外で過ごしていました。(もちろん、英語はペラペラです)

そして、慶應義塾ニューヨーク学院を経て日本に帰国、その後慶應義塾大学理工学部に進み、2009年にミスター慶応に選出されています。

 

2010年にはホリプロの新人発掘オーディションの「キャンパスター・H50withメンズノンノ」で審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー。

2013年、日英共同作品「家康と按針」では海外デビューも果たします。また この年には主演ドラマ「イタズラなKiss Love in TOKYO」が日本と同時に中国で配信され大ヒットを記録。

 

中国・上海にて日本人俳優初となるファンミーティングを開催し、計1200人を動員。空港に1000人を超すファンが出迎え、宿泊先のホテルには約300人が待ち構える騒ぎとなりました。

 

2014年、中国版ツイッターWeiboではフォロワー数が100万人を突破。「男神(=憧れの男性という意味)」と言われ、中国で絶大な人気を誇り、同年の日中合作ドラマ「不可思議的夏天」では主演を務めるなどとても輝かしい経歴を持つ俳優さんです。

「いたずらなkiss Love in TOKYO」の入江直樹役も彼ならピッタリだし納得ですね!

 

矢作穂香が妊娠?結婚?

そんな熱愛騒動の渦中にいた矢作穂香さんと古川雄輝さんですが、矢作穂香さんが当時所属していた事務所を辞めたことを機に「古川雄輝さんの子供を妊娠したのでは?」「2人は結婚するのでは?」という噂にまで発展しました。

実際、退社後の矢作穂香さんはその後のメディアの露出が一切なくなり、ファンに向けて発信していた今後の活動についての報告ブログも削除されていました。

スポンサーリンク

 

矢作穂香さんが妊娠?結婚?と騒がれる中、実際は海外でも通用する女優を目指して半年ほどニューヨークに語学留学をしていたのでした。

そして矢作穂香さんが語学留学に出発する際に古川雄輝さんが「いってらっしゃいほののん。また帰ってくることをずっと待ってるね」というメッセージを送ったということもあり、余計にこの噂に火をつけたようです。

しかし、帰国後矢作穂香さんは前事務所に所属していた時の芸名・未来穂香(みき ほのか)から本名である矢作穂香(やはぎ ほのか)に改名し、再スタートを切っています。

 

そして「矢作穂香」として活動しているいま現在の活躍ぶりを見る限り、どうやら矢作穂香さんが妊娠、結婚しているという話は単なる噂で事実ではないという事のようです。

 

矢作穂香と古川雄輝のその後

そんな噂が落ち着いた2017年11月に2人は、金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」で再び共演をします。

このドラマで古川雄輝さんはKis-My-Ft2の玉森裕太さん演じる「弥木圭」に協力する「シモン・藤馬」という役を出演じていて、矢作穂香さんはそのドラマの第4話にゲスト出演をしていました。

「いたずらなKiss Love in TOKYO」のドラマ終了から2年以上経てもなお、古川雄輝さん&矢作穂香さんの「入江くん&琴子コンビ」の人気は衰えず、古川雄輝さんが投稿した「重要参考人探偵」での矢作穂香さんとの2ショットには「久しぶりにこのツーショット見れて幸せです」「懐かしいですね!」「ふるぽんと穂香ちゃんの再共演、涙出ます!」「ふるほのコンビ大好きです!」など歓喜の声が続々と寄せられていました。

 

また国内のみならず「なんてこった!」「キュートなカップル!」など、海外からもアツい反応が寄せられている所を見ると「いたキス」がどれだけ人気だったかが分かります。2人の共演はファンにとって特別なものなのかもしれません。

 

僕らは奇跡でできているで青山琴音役!

そして10月9日からスタート毎週火曜21時~21時54分 (カンテレ・フジテレビ系全国ネット)の2018年秋ドラマ!

「僕らは奇跡でできている」で矢作穂香さんが青山琴音(あおやま ことね)役で出演が決定。

このドラマは主演の高橋一生さんが演じる、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(あいかわ かずき)の日常を描くコミカル・ハートフルストーリー。矢作穂香さんは関西ジャニーズJr.の西畑大吾さん、北香那さん、広田亮平さんらと共に高橋の教え子である大学生役として出演しています。

「僕らは奇跡でできている」で矢作穂香さん演じる青山琴音役は、ファッションが大好きなオシャレな女子大生。そして気になる異性に対しては積極的に行動する“肉食系女子”

最初は相河の授業に無関心だったものの、相河の予期せぬ言動が頭から離れなくなり、徐々に興味を持つようになっていくという役どころです。

ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」では一途なヒロイン役が国内外で好評だったことや、映画でも数々の話題作に出演するなどその表現力には定評があり、今回のドラマではどんな演技を見せてくれるか?ファンやメディアから注目されています。

スポンサーリンク