正義のセ│5話のネタバレと感想。動画見逃し無料視聴はこちら

吉高由里子さん演じる新人女性検事・竹村凜々子と相原勉が活躍していく、「正義のセ」。

これまでの検事ものとは異なった独特の作風で人気となっていますが、毎回、見どころは多いですよね。

今回は、謎の転落死が暴かれていくことになりますが、その結末はどうなっていくというのか、さっそく見ていきましょう。

 

転落死は自殺?それとも、殺人?

竹村凜々子(吉高由里子)と相原勉(安田顕)は、転落死が起こった現場へ行くことに。

転落死したのは、三宅香織(佐藤めぐみ)という、高嶋敦史(原田龍二)の助手でした。

三宅は高嶋の部屋から転落したとのこと。

彼女は自殺したのか、それとも殺人なのか、なかなか結論は出ませんでした。

高嶋は、三宅と不倫していたと認めたうえで、自殺ではないかと話します。

が、その矢先に逮捕されてしまうことになる、高嶋。

高嶋は容疑を認めておらず、取り調べることになった凜々子は、彼がわざわざ不倫を認めたことを不審に思うことに。

高嶋は茂木康彦(木下隆行)がアリバイを保証してくれるといい、実際、その通りになります。

が、そんななか、三宅の友人の西山美緒(井上依吏子)は、三宅と高嶋の不倫は過去の話だというのでした。

その後、高嶋と茂木が不正をしていて、それを知った三宅を高嶋が口封じしたという説が浮上。

そして、茂木がアリバイ作りをしていた疑惑も浮上してきます。

 

事件の結末はいかに?

凛々子ら捜査陣は仕事終了後、いっしょに食事をとることにしますが、ここで思わぬハプニングが。

なんと、凛々子は酔った勢いで大塚仁志(三浦翔平)を元彼と間違え、キスをしてしまったのです。

スポンサーリンク

その後、大塚は凛々子に彼氏はいるのか聞くのでした。

やがて、高嶋が利用した銭湯のチケットから指紋が出て、殺人の確証はともかく、彼のアリバイはなくなりました。

高嶋はとうとう茂木との不正を認め、茂木も窮地に立たされていくことに。

凛々子は高嶋に、三宅を殺したという前提で推理を聞かせます。

これを認めようとしない高嶋でしたが、茂木がアリバイ工作を認めたため、とうとう彼も三宅殺しを認めることになりました。

凛々子は、高嶋に、三宅は不正を知っても、あくまで、高嶋に立ち直ってほしかったに違いないと説いていきます。

その後、凛々子は大塚に礼を言いますが、大塚はクールな反応に終始。

凛々子は大塚の手を握りますが、彼はそのまま帰ってしまうのでした。

 

正義のセ 第5話の考察

自殺か他殺か判然としない転落死とは、かなり興味深い事件となりましたね。

結果的に他殺だったわけですが、第5話は、従来の人間ドラマだけではなく、ミステリーとしても本格的なものとなりました。

かつては不倫関係にまであった三宅を殺してしまった高嶋の心理と、彼のアリバイ崩し、双方が魅力的なものでしたよね。

しかし、なんといいましても、第5話で注目となったのは事件だけではなく、凛々子と大塚の関係ではないでしょうか。

いくら酒に酔っていたとはいえ、大塚にまさかのキスをしてしまった、凛々子。

一方で、大塚も大塚で、凛々子に彼氏がいるのかどうかを聞くなど、まんざらでもないと思えるような反応でした。

凛々子に手を握られた時も態度がおかしかった、大塚。

はたして、大塚は凛々子に気があるのでしょうか?

第6話では、新たな事件の捜査もさることながら、そのへんにも注目していきたいものですよね。

 

正義のセ】を見逃しても無料で動画視聴する方法

正義のセを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

まとめ

主人公の凛々子が一般的な検事のイメージと違うところもあって、新鮮な雰囲気の、「正義のセ」。

今回は、事件も人間関係も両方とも盛り上がっていき、見どころが多い回となりましたね。

凛々子の担当する事件からも、彼女のプライベートからも、ますます目が離せなくなっていきそうです。

スポンサーリンク