モンテクリスト伯最終話のネタバレ考察と感想|真海による復讐劇の結末とは?

とうとう注目のドラマ『モンテクリスト伯』も今回をもって最終回を迎えることとなりましたね。

モンテ・クリスト・真海による復讐劇はいったいどのような幕切れとなるのでしょうか?

二転三転するドラマだけに実に気になりますから、その結末を追っていくことにいたしましょう。

モンテクリスト伯8話のネタバレ考察と感想はこちら

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第9話のネタバレ

入間未蘭(岸井ゆきの)の服毒を受け、守尾信一朗(高杉真宙)はモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)を訪ねます。

一方、入間公平(高橋克典)は入間貞吉(伊武雅刀)から入間瑛理奈(山口紗弥加)のことを知らされますが、動けずにいました。

そんななか、神楽清(新井浩文)は自身と木島義国(嶋田久作)に特捜部が動いていると知ってパニックになり、天野満(栁俊太郎)に拷問されることに。

やがて南条すみれ(山本美月)は真海に会って復讐をやめるように求め、真海は条件として家族を捨てて自分とよりを戻すよう求めました。

さて、神楽留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)に会い、自分たちの関係を明かしていく、公平。

安堂は衝撃のあまり混乱して、公平はそんな彼を海外逃亡させるといいました。

しかし、公平は留美と安堂を裏切って安堂を殴ったうえに生き埋めにしてしまうことに。

が、土屋慈(三浦誠己)によって安堂は何とか救い出されます。

 

真海が自殺を遂げる?

清は監禁されて我を失い真海に救いを求めますが、彼は応じないばかりかさらに威嚇していくのでした。

一方、留美は公平が安堂を見殺しにしたと直感し、彼を責めていくことに。

スポンサーリンク

すると瑛理奈のもとに公平、留美、安堂の関係を暴露するメールが送られて来ます。

公平を問い詰める彼女は、逆に彼から一連の犯罪を責められました。

その後職場に行ったものの留美がやって来て混乱した公平は、一転して瑛理奈とやり直そうと思いますが、彼女は服毒自殺を遂げてしまいました。

やがて真海、幸男、清、すみれは一堂に会することに。

真海はすみれに例の返事を求め、すみれはあらためて彼と結婚すると言い出すのでした。

こうして幸男と清とすみれは救われましたが、真海は1人で焼身自殺を図りました。

真海による一連の復讐劇は世間の知るところとなります。

彼がいなくなったことでやっと安堵していく幸男と清。

一方、公平は医療刑務所へと収監されることに。

しかし、真海は生き延びていました。

そしてそんな彼に江田愛梨(桜井ユキ)が近づいていくのでした。

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第9話の感想と考察

『モンテ・クリスト伯』もこれにて幕引きとなりましたね。

これまでの真海の壮絶な苦悩を思い出すとむしろ物足りないくらいでしたが、それでも復讐劇は苛烈を極めました。

第9話では安堂の生き埋めや瑛理奈の服毒自殺と、ショッキングな展開があいつぎましたからね。

しかしその一方で、真海、幸男、清、公平、すみれといった主要キャストは誰も死ぬことなく、軟着陸ともいえそうです。

あまりにも残酷すぎても問題ですから、結末としては穏当だったのではないでしょうか。

が、死んだと思われていた真海が実は生きていたというラストは怖かったですよね。

幸男と清は真海は死んだと思って喜びましたが、今後の復讐に含みを持たせるような不気味なラストが印象深いものとなりました。

とはいえ、もちろん『モンテ・クリスト伯』といえば、復讐だけではありません。

真海とすみれ、そして江田との今後についても興味は尽きませんね。

 

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても以下の方法で無料視聴することができます。

①放送後1週間以内ならTverで視聴できます。公式サイトはこちら

②放送後1週間以上経過している場合はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。公式サイトはこちら。

※FODはヶ月間無料キャンペーンを利用します。

まとめ

ディーン・フジオカさんが復讐に燃える男を演じるという、彼にとっても異色作となった『モンテ・クリスト伯』。

視聴者にとってはいろんな意味で意義のある作品となりましたが、いかがだったでしょうか?

まだ興奮が冷めやらぬ方も多いでしょうから、見逃した方はぜひ見逃し視聴してみてください。

スポンサーリンク