モンテクリスト伯7話のネタバレ考察と感想|追いつめられる幸男(大倉忠義)

死者まで出てきてしまうなど、どんどん復讐内容が過激なものになっていく『モンテ・クリスト伯』。

とうとう第7話にまで進んできましたが、今回もどんな復讐になるのか怖いですよね。

それでは『モンテ・クリスト伯』第7話のあらすじをさっそく確認していきましょう。

モンテクリスト伯6話のネタバレ考察と感想はこちら

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第7話のネタバレ

南条幸男(大倉忠義)はダニー・ウォン(葉山ヒロ)から自分を狙っている人物を割らないと家族を殺すと脅迫されてしまうことに。

一方で入間公平(高橋克典)は、寺角類(渋川清彦)の死と彼が紫門暖(ディーン・フジオカ)事件に関わっていたと聞かされます。

やがて入間公平は死んだと聞いている紫門を調べているさなか、彼といっしょにとらえられていた男の名がファリア真海(田中泯)だったと知って違和感を覚えました。

さて神楽清(新井浩文)は幸男に、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)が狙っていると告げることに。

自分も真海に狙われるかもしれないと思っていた清。

その後幸男は真海に会って質していきますが、交わされるのでした。

結局ウォンに真海が自分を狙っていると答えた幸男。

南条すみれ(山本美月)から迫られた幸男は、ショーン・リー(ジョーナカムラ)の事件について白状します。

そしてその件で真海が狙っているのかもと告げ別れを示唆しますが、すみれは危険を承知でついていくというのでした。

 

幸男はどうなる?

すみれは真海に会い、正体が柴門なのだろうと問い詰めていきます。

幸男が柴門が死んだと思って沈んでいた自分を救ってくれたことを伝え、幸男ではなく自分を恨むよう頼んでいくすみれ。

スポンサーリンク

しかし無情にも真海はあくまで幸男が悪いと語るのでした。

やがてヴァンパは真海の別荘を襲いましたが、実はウォン以外は真海の仲間になっていてウォンは消されてしまいます。

さらに幸男とヴァンパの関連が周囲にばらされ、すみれも幸男に三下り半をつき付けることに。

幸男は帰宅後に江田愛梨(桜井ユキ)から遺書を書くよう迫られ、自分の正体はショーン・リーの娘だと明かされ衝撃を受けました。

すべてを奪われた幸男は江田に言われたとおりに遺書を書いていきました。

すみれと南条明日花(鎌田恵怜奈)への想いが幸男の頭をめぐっていきます。

とうとう首つり自殺を遂げてしまった幸男。

その後警察から寺角のことで任意同行を求められた真海。

入間が乗った車を見ながら、真海は公平が言うのなら受けてもいいと語るのでした。

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第7話の感想と考察

どうせいつかはこうなるのだろうとわかっていても、ついに主要登場人物が自殺ということになってしまって衝撃的でしたね。

幸男がやったことは許されないかもしれませんが、すみれにとっては優しい夫、明日花にとってもいい父親だっただけになんとも複雑なものも残ります。

真海=柴門と知っていたことといい、真海の前では幸男をかばいつつ最後は彼を見捨てたことといい、すみれの動きもとても興味深いものとなりましたよね。

さて第7話は全編を通してダークな感じで推移していきましたが、幸男やすみれだけではなく江田にもびっくりさせられました。

江田が真海とグルになっていたのはヴァンパに殺されたショーン・リーの娘だったからで、真海と動機は異なるものの似た者同士だったのですね。

残る生き残りは清と公平だけになりましたが、第8話以降、2人がいったいどうなっていくというのか目が離せません。

 

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても以下の方法で無料視聴することができます。

①放送後1週間以内ならTverで視聴できます。公式サイトはこちら

②放送後1週間以上経過している場合はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。公式サイトはこちら。

※FODはヶ月間無料キャンペーンを利用します。

まとめ

やっと悲願がかなって、幸男の抹殺とすみれの破滅に成功した真海。

寺角のことで任意同行をかけられたことが気になりますが、次回は公平と対決となるのでしょうか?

相手は警察だけにどのように攻めていくのか気がかりですが、引き続き注視していきたいですね。

スポンサーリンク