モンテクリスト伯5話のネタバレ考察と感想|とうとう犠牲者が出現

『モンテ・クリスト伯』第4話は、あまりにも途方もないような結末となってしまい、信じられませんでしたね。

まさか、関係を持ってしまった神楽留美と安堂完治が実の親子だったとは。

モンテ・クリスト・真海による復讐は、どこまで過激なものとなっていくのでしょう。

それでは、第5話のあらすじへ移りましょう。

モンテクリスト伯4話のネタバレ考察と感想はこちら

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第5話のネタバレ

神楽留美(稲森いずみ)と関係を持った安堂完治(葉山奨之)は、留美が置いていったお金に気が付きました。

留美の男性関係を把握している神楽清(新井浩文)は、そんな嫁を複雑な目で見ます。

一方、出口文矢(尾上寛之)は、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)から、婚約者の入間未蘭(岸井ゆきの)らが入間貞吉(伊武雅刀)の相続で大変だと聞くことに。

実際に、入間公平(高橋克典)から相続は難航しそうだと聞かされる、出口。

そんな彼に、真海は、相続できる手があると語りますが、それは、貞吉を殺すという驚愕すべきもの。

出口は絶句しますが、真海は、実は未蘭の母・入間瑛理奈(山口紗弥加)は継母で、実母は貞吉が殺したのだと続けます。

殺す手口はかんたんだと誘惑する真海に、出口は色めき立っていくことに。

一方、清は国有地の問題で何とか木島義国(嶋田久作)の力が欲しかったのですが、形勢はライバル会社に対して不利になった挙句、木島からも冷たくされてしまうのでした。

 

思いもよらぬ犠牲者が

貞吉の部屋の中で倒れている出口を発見してしまう、未蘭。

さて、真海は、南条すみれ(山本美月)から、よりによって結婚について聞かれることに。

スポンサーリンク

皮肉交じりに、好きだった女性は別の男と結婚したと答える真海。

一方、出口が死亡したことで公平はパニックになりました。

意識がないはずの貞吉に向って、出口を殺したのかと詰め寄っていきます。

その後、真海は江田愛梨(桜井ユキ)から出口の訃報を聞きました。

さて、江田は、真海が狙いとしているのは復讐なのかすみれの奪還なのかが気になっていました。

真海は江田の首を絞め、江田も殺されてもいいといいますが、真海は途中でやめました。

なんと、実は出口を殺したのは瑛理奈でした。

しかも彼女は未蘭の実母を殺した犯人でもあったのです。

真海は、瑛理奈は実子に貞吉の遺産を渡すために殺人を続けており、次の標的は未蘭だと考えていました。

そして江田に、次のターゲットは南条幸男(大倉忠義)だと告げるのでした。

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第5話の感想と考察

『モンテ・クリスト伯』は、第5話にして、ついに死人が出てしまうことに。

ある程度想定してはいたものの、実際にこういう展開になってしまうと、怖いですよね。

死んだのは出口で、清、幸男、公平といった真海の復讐ターゲットではありませんでしたが、死人は死人ですからね。

それに、彼を殺したのはあくまで瑛理奈だったものの、そんな彼に貞吉殺しを持ちかけた真海も怖すぎました。

真海が考えている通り、瑛理奈は義理の娘である未蘭を狙っていくことになるのでしょうか?

真海はそれを知っていながら放っておくわけですからみずからは手を汚さずに、清、幸男、公平といった復讐ターゲットを追い詰めていくことになるでしょう。

いくらフィクションとはいえ、冷酷すぎて、仰天せざるを得ません。

次のターゲットは幸男のようですが、真海の元フィアンセだったすみれがどうなっていくのかが気になります。

第6話も絶対に見逃さないようにしましょう。

 

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても以下の方法で無料視聴することができます。

①放送後1週間以内ならTverで視聴できます。公式サイトはこちら

②放送後1週間以上経過している場合はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。公式サイトはこちら。

※FODはヶ月間無料キャンペーンを利用します。

まとめ

着々と進行していく真海の復讐は、どんどん大胆不敵で冷酷になっていきますね。

次は元フィアンセの旦那ということで、どんな手口なのか考えるだけで恐ろしいものがあります。

第5話では真海とすみれのあいだに微妙なやり取りがあっただけに、いよいよ心配ですよね。

スポンサーリンク