モンテクリスト伯4話ネタバレ考察と感想|留美の驚愕の過去が明らかに

とうとう本格的にモンテ・クリスト・真海による復讐劇の幕が切って落とされました。

これから先、復讐のターゲットたちの運命はどうなっていくというのでしょうか。

復讐が成功するにせよ、それまでの過程からも目が離せなくなりそうですよね。

それでは、あらすじをご覧ください。

モンテクリスト伯3話のネタバレ考察と感想はこちら

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第4話のネタバレ

なんとか国有地の取引を円滑にしたい神楽清(新井浩文)は、政治家である木島義国(嶋田久作)に近づくことに。

一方、入間公平(高橋克典)は、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の件で、神楽留美(稲森いずみ)に電話をします。

彼と関わるなと入間に言われた留美でしたが、そこに当の真海が現れ、安堂完治(葉山奨之)を紹介されました。

服を作りたいと語っていく彼にすっかり興味を持ってしまう、留美。

そんななか、江田愛梨(桜井ユキ)からCMでの夫婦共演話を持ち出された南条幸男(大倉忠義)でしたが、彼の出演先がライバル会社だった清は渋い表情になります。

清は幸男に降りるよう迫りますが、話は平行線のままでした。

さて、投資の件で真海、安堂、留美が清を待っていると、やってきた清は冷たく対応していきます。

すると真海は、そんな清に向って、幸男に関するきな臭い話を持ち出していくのでした。

それは、幸男の香港時代のスキャンダルだったのです。

 

留美の驚愕の過去

留美は関係を持った男たちの影響で仮想通貨を買いました。

が、真海から指示された土屋慈(三浦誠己)の工作によって仮想通貨が暴落し、留美は打撃を受けることに。

スポンサーリンク

さて、入間未蘭(岸井ゆきの)が入間貞吉(伊武雅刀)に会いに行くと、弁護士から遺言を話すといわれ、みんなが集まります。

父に意識がないと思っている公平は、遺言の変更を告げられ、信じられませんが、貞吉は意思の疎通ができるといい、それによれば貞吉の遺言は遺産か未蘭の結婚か選べとのこと。

一方、仮想通貨をめぐって、清と留美は関係が悪化。

清は嫁が男たちとしていることも把握していたのです。

やがて、清は秘書に幸男の件の調査をさせました。

さて、留美は安堂に用立てるためのお金を出しますが、2人はそのまま不倫関係に。

しかし、それもすべて真海の仕組んだ罠に過ぎなかったのです。

留美の過去を話し始めていく、真海。

それによれば、なんと、留美と安堂は実の親子とのこと。

さすがにおどろきを禁じ得ない江田なのでした。

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-第4話の感想と考察

真海による復讐の手口がますます込み入っていくわけですが、第4話は本当に信じられないような展開が続くことになりましたね。

公平の遺産相続話にしてもそうですし、幸男の香港時代のスキャンダルにしても同じです。

しかし、なんといいましても、留美に関する問題が一気に噴出してきたのが、あまりにもすごすぎました。

留美が複数の男と関係を繰り返して来たことを清が把握していたこと。

留美が真海から紹介された安堂と不倫してしまうこと。

あげくのはてには、その安堂が留美の実の息子だったと来たものですから、あまりにも驚愕です。

真海が公平、清、幸男から被った被害を考えても、ちょっと過激すぎますよね?

留美が真相を知ったときにどうなるのかを考えると、今から気になって仕方がありません。

真海がもっとも恨んでいるのは幸男だと思われますが、今回は清への攻撃が目立ちました。

が、次回は、清からスキャンダルを探られている幸男にも注目ですね。

 

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ドラマ【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】を見逃しても以下の方法で無料視聴することができます。

①放送後1週間以内ならTverで視聴できます。公式サイトはこちら

②放送後1週間以上経過している場合はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。公式サイトはこちら。

※FODはヶ月間無料キャンペーンを利用します。

まとめ

回を増すごとに真海による復讐が衝撃的なものになっていっている、このドラマ。

次はどんなことが公平、清、幸男らに降りかかるのかまったく予想できませんから、緊迫です。

真海が最終的にどうなるのかにもあわせて注目していきたいですけどね。

スポンサーリンク