ミスデビル9話ネタバレ考察と感想|縣(大高洋夫)が死んでしまう

これまで放送が続いてきた『Missデビル』も、第9話ということになりました。

ラストまで残り少なくなったわけですが、椿眞子をめぐってどんな展開になるのか、興味は深まっていくばかりです。

それでは、『Missデビル』第9話のあらすじのほうも見ていくことにいたしましょう。

ミスデビル8話のネタバレと感想はこちら

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第9話のネタバレ

伊東千紘(木村佳乃)は、喜多村完治(西田敏行)が実父だったと知って動揺してしまいます。

彼女がいなくなると大沢友晴(船越英一郎)は喜多村に向って、会長を辞めるよう迫っていくのでした。

さて、椿眞子(菜々緒)が撃退した縣(大高洋夫)は、なんと変わり果てた姿となって発見されることに。

このことをめぐって警察から協力を頼まれる伊東。

そんななか、斉藤博史(佐藤勝利)は、椿から部屋に入るのを禁止されてしまいます。

縣は手帳に喜多村の名前を残していましたが、喜多村はそれに対して何も知らないといった構え。

やがて博史の実家に警察がやってきます。

どうやら縣は斉藤修(鶴見辰吾)に向って、警告するようなメールを送っていたらしいのです。

しかし修も何も知らないという姿勢を崩しません。

そして警察はとうとう博史にも話を聞きます。

これに対して、隠し立てができなくなった博史は意を決して警察に知っていることを話していくことにするのでした。

 

縣を殺した犯人とは?

椿に向って、復讐したいのならば自分にしろと迫っていく喜多村。

これに対してそんな意図はないと椿は答えます。

どうして会社に来たのかと喜多村から聞かれると、椿は父親の行方を突き止めたいことを示唆して去っていきました。

スポンサーリンク

さて、警察は椿と博史を呼んで話を聞こうとしましたが、椿のとっさの機転によって救われることになった博史。

一方で、伊東に向って喜多村は謝ることに。

やがて警察は椿と縣がいっしょいる映像を突き止め、椿を連れていきました。

こうして縣殺害容疑で調べられる椿でしたが、本橋瑞希(瀬戸さおり)の自首によって放免となることに。

その後、大沢が渡米すると知って慌てだす椿。

喜多村は柴崎亮(猪野学)から伊東の件をばらしたのは自分だと謝罪されますが、気を失ってしまいます。

一方、斉藤聡子(山下容莉枝)は自分が縣に脅迫状を送ったと認めました。

大沢は渡米しようとしましたが、椿にホテルアックスの不正を追及されてこれを認めるのでした。

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第9話の感想と考察

『Missデビル』第9話は、あまりにも急展開が続いたのでおどろかされることになりましたね。

縣が死んでしまったことにもビックリしましたが、椿に倒されていただけに視聴者は椿を疑ってしまったことでしょう。

実際に警察から調べられる羽目になった椿ですが、犯人が本橋だったというのは意外でした。

おまけに聡子が縣を脅迫していたという真相もショッキングなものとなりましたね。

いったい縣をめぐって本橋と聡子にそれぞれ何があったというのか、次回以降の展開が実に気になってきそうです。

このように縣の死に関することももちろんですが、『Missデビル』第9話では椿をめぐっても気になる流れとなっていきました。

ホテルアックスの不正を認めた大沢でしたが、椿と大沢の対決ははたしてどうなっていくのでしょうか。

最終回まで残り少なくなってきましたが、縣の件も椿の件もそれぞれ見逃せなくなっていきそうですね。

 

Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ミスデビルを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

まとめ

『Missデビル』も最終回まであと数話となってきて、寂しいと思いつつ楽しみも増しそうです。

どんどんストーリーが複雑になっていくなか、椿、縣、喜多村、大沢、修、博史と、それぞれの立場はどうなっていくのでしょう。

最後までくれぐれも絶対に見逃さないように注意しておきたいですね。

スポンサーリンク