ミスデビル8話ネタバレ考察と感想|人事の悪魔・椿眞子の過去が明らかに

『Missデビル』もいよいよ最終回が放送されるまでもう少しといった感じになってきました。

これまでに痛快極まる椿眞子の活躍が見られてきましたが、第8話ではどうなっていくのでしょうか。

それでは、さっそくその気になるあらすじについて見てまいりましょう。

ミスデビル7話のネタバレと感想はこちら

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第8話のネタバレ

縣(大高洋夫)に襲撃されてしまった椿眞子(菜々緒)でしたが、なんとか写真を奪って撃退しました。

さて、斉藤博史(佐藤勝利)が今回椿から命じられた研修先とは、なんと社長室。

そんななか伊東千紘(木村佳乃)は大沢友晴(船越英一郎)に異変を感じ、喜多村完治(西田敏行)に報告することに。

博史は斉藤修(鶴見辰吾)とのことを大沢に聞き出せないなか、藤堂真冬(白石聖)に泣きながら抱き疲れてしまっておどろきます。

するとそこに斉藤茜(関屋利歩)が現れたため、真冬は行ってしまうのでした。

やがて喜多村は、椿の父親がホテルアックスの支配人だったと気づくことに。

さて真冬は父親の介護問題で退職しようと考えていたようで、椿は一定の理解を示します。

が、真冬は父親から介護は無用だといわれてしまいました。

さらにその後椿が父親を利用して仕事をしていないと真冬に詰め寄り、彼女はそのまま出ていってしまうことになります。

 

椿が共亜火災にやってきたわけ

会長室に呼ばれた茜は修が嫌いだといいますが、喜多村から宥められました。

やがて斉藤聡子(山下容莉枝)が茜を迎えに来ますが、そんな聡子に椿は修は何かを隠していると示唆。

スポンサーリンク

博史は真冬に父親とのことでアドバイスをし、その後彼女からの辞表を預かることに。

修は博史に大沢との関係は大学時代の友人だと話しましたが、どこか煮え切らない感じでした。

その後博史は椿に修と大沢の関係を話し、椿は博史にホテルアックスの火災について語っていくことに。

椿の父親はホテルアックス再建を目指したものの過失のせいで保険金が取れなかったため、不正をしたのでした。

この件を担当していたのが大沢だったのです。

父親は行方不明になってしまい、娘である椿は保険金をめぐる謎を究明するため共亜火災に入ったというわけでした。

そんななか縣が写真奪還のためにまた現れましたが、椿によって倒されます。

一方で喜多村は大沢と対立して辞任を求めていき、修羅場となっていくのでした。

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第8話の感想と考察

『Missデビル』第7話では椿が縣に襲われてしまったので心配でしたが、なんとか撃退でき、再度の襲撃も逃げ切ることができました。

そんな第8話では、真冬の進退問題と椿の過去とが焦点となっていきました。

父親の介護問題で退職したいという真冬と椿とのせめぎあい、そして博史とのやり取りが注目となりましたね。

一方で椿の壮絶な過去については、あまりにも想像を超えたものであったためにおどろかざるを得ませんでした。

ホテルの支配人だった父親が不正に加担して行方不明になり、保険金の真相を暴くため椿が共亜火災に入って来たなんて、いくらなんでもすさまじすぎますからね。

はたしてホテルアックスの保険金の件はどういうことになっているのかが気がかりです。

喜多村と大沢の対立も激化していきますし、最終回に向けてさらに見どころは尽きない感じになっていきそうですから、おおいに期待していきたいものですね。

 

Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ミスデビルを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

まとめ

『Missデビル』も最終回まであと数話となってきて、寂しいと思いつつ楽しみも増しそうです。

どんどんストーリーが複雑になっていくなか、椿、縣、喜多村、大沢、修、博史と、それぞれの立場はどうなっていくのでしょう。

最後までくれぐれも絶対に見逃さないように注意しておきたいですね。

スポンサーリンク