Missデビル(ミスデビル)5話のネタバレと感想|

第4話では、いつものリストラ候補探しではなく、社内恋愛してみるよう椿眞子から指示されるという、異例の展開に巻き込まれていった、斉藤博史。

続く第5話においても、同じようにユニークな指示が出されるのかどうか、気になってきますよね。

それでは、第5話のあらすじを確認していきましょう。

ミスデビル4話のネタバレと感想はこちら

 

Missデビル(ミスデビル)5話のネタバレ

南雲陽一(前田航基)に刺された大沢友晴(船越英一郎)は、かん口令を敷き、通報も見送ることに。

が、関内秀臣(山本直寛)と藤堂真冬(白石聖)に話してしまう、斉藤博史(佐藤勝利)。

そんななか、伊東千紘(木村佳乃)は、椿眞子(菜々緒)が南雲について詳しいことを把握しているとにらみ、詰め寄ります。

さて、斉藤に椿から、審査部への潜入が命じられました。

部長の瀬登(小林隆)をリストラする口実を探せという、椿。

しかし、斉藤は南雲のことが気になるうえ、瀬登も悪い人ではないため、困惑してしまうことに。

その後、斉藤は椿から南雲の過去を教えてもらいます。

南雲は父の勤務先が火災に遭い、保険金が払われなかったために家庭が崩壊していました。

これを担当していたのが大沢だったというわけでした。

一方、伊東は大沢の不正を疑い、椿は縣(あがた)を追っていきます。

斉藤は南雲の元へ行きますが、そこで彼は南雲から、伊東から調査結果に問題はなかったと報告を受けたと聞かされるのでした。

 

瀬登の顛末は?

実家へと帰省した斉藤を見て、斉藤修(鶴見辰吾)は心配していきます。

父に悩みを相談し、アドバイスを受ける、斉藤。

スポンサーリンク

彼が出社し、椿に瀬登のリストラ理由はないと説明すると、例によって嫌味を言われることに。

やがて椿は瀬登にストレートに辞表を出すよう迫っていきます。

事態が呑み込めない瀬登に、椿は暴力団関係者との密会現場の写真を見せました。

会社のためだったと弁明する瀬登を一蹴する椿。

瀬登は斉藤を人質にしようとするものの、椿に倒されました。

結局退職となった瀬登の元へ行く、斉藤。

しかし、そんな彼に瀬登は、自身の健康面を引き合いに、椿への感謝を語るのでした。

斉藤は南雲に会いに行き、椿のキメ台詞である「会社を辞める権利」を持ち出します。

これに感謝する、南雲。

さて、椿は、喜多村完治(西田敏行)に疑いの目を向けますが、喜多村ははぐらかします。

一方、柴崎亮(猪野学)は、そんな椿を尾行していくのでした

 

Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ミスデビルを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第5話の考察

『Missデビル』第5話は、前回とおなじように、少し異なった雰囲気のストーリーとなりましたね。

従来このドラマでは、椿が斉藤に、「研修」と称して、特定の部署からリストラ候補を探させるという展開が繰り広げられてきました。

第4話は社内恋愛ミッションという異例のものとなったわけですが、第5話ではリストラ候補を探させるのではなく、すでにリストラ候補になっている人物をリストラする理由を探させるというところが興味深かったですよね。

椿は瀬登のスキャンダルをあらかじめ把握していたのでしょう。

にもかかわらず、斉藤に瀬登のリストラ理由を探させるとは、従来とは異なったパターンで面白いと思います。

一方で、斉藤と南雲の友情についても見どころが絶えない感じとなりました。

普通なら、社長を刺したらクビどころか逮捕でしょうが、そうならなかった南雲と大沢の過去のほうも、実に興味深かったですよね。

 

まとめ

第4話、第5話と、若干おもむきが変わってきている感じがする、『Missデビル』。

続く第6話も変わった感じのストーリーとなっていくのでしょうか。

毎回視聴者をうならせるようなメリハリのあるストーリーに期待していきたいものですよね。

スポンサーリンク