ミスデビル最終話ネタバレ考察と感想|椿眞子と大沢友晴の決着は?

菜々緒さん演じる椿眞子の悪魔のような活躍が楽しみだった、『Missデビル』。

ついに最終回を迎えることとなっていささか寂しい感じもしますが、どのような結末となったのでしょうか。

椿、会社関係者、斉藤博史、その家族など、話題はあまりにも多かったわけですが?

それでは確認していきましょう。

ミスデビル9話のネタバレと感想はこちら

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第10話のネタバレ

ホテルアックスの火災と父親の失踪の関係を疑っていた、椿眞子(菜々緒)。

彼女は大沢友晴(船越英一郎)を問い詰めますが、とうとう父親は殺されホテル跡に遺棄されたと聞きだしたのです。

椿は斉藤博史(佐藤勝利)といっしょに父親の遺体を探しましたが、発見できませんでした。

一方、喜多村完治(西田敏行)はなんとか助かることに。

そんななか、共亜火災は買収されかけ、大沢は音信不通となってしまいました。

伊東千紘(木村佳乃)は喜多村と会い、歩み寄りを見せます。

椿は本橋瑞希(瀬戸さおり)と面会して、真犯人は別にいると感じることに。

やがてホテルアックスと共亜火災をめぐる問題をマスコミがかぎつけ、さわぎになりかけました。

その後、自社が絡んだ事件だった故に椿に謝罪しようとする伊東。

さて、博史は斉藤修(鶴見辰吾)から大沢とのことを聞くことに。

修は事件に関与していなかったものの、大沢のことで悩んでいたとのこと。

斉藤聡子(山下容莉枝)はそんな夫を心配し、脅迫状を送ってしまったようでした。

 

椿は最後にどうなる?

喜多村のもとへと向かった、椿。

そんななか、行方が分からなくなっていた大沢が姿を現します。

スポンサーリンク

椿はホテルアックスの件をマスコミに流したのは大沢だと踏みますが、彼からの答えはありませんでした。

その後、椿が父親のことを話し始め、胸を打たれていく伊東や喜多村。

やがて伊東はホテルアックスについて、みんな洗いざらい話すことに決めるのでした。

伊東が記者会見をしようとすると邪魔も入りましたが、椿がそれを阻止して彼女は記者会見をする場所へ向かいます。

そこには大沢もやって来て、全部自分がやったことだとマスコミに向ってぶちまけるのでした。

記者会見後大沢はアメリカの保険会社と提携したから共亜火災は大丈夫だと伊東を励まして、今後の会社を彼女に任せると告げることに。

とうとう椿と大沢は和解し、大沢亡きあとの共亜火災は伊東のもと再出発しました。

椿は共亜火災を辞めて引き続き父親を探し続けることに決めたのでした。

 

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子第10話の感想と考察

椿と博史の名コンビによる共亜火災のリストラ研修、そして椿の父親が支配人をしていたホテルアックスをめぐっての問題。

この2つをめぐってせめぎあいが続いてきた『Missデビル』でしたが、ついに幕切れとなりましたね。

当初は博史のリストラ研修が毎回見ものとなっていくドラマでした。

あわせて、椿の過激すぎる人事コンサルタントぶりにも興味は尽きませんでした。

それが後半では椿の父親とホテルアックスをめぐる不正が主要な話題となって、なんだか別のようなドラマへと変わりましたよね。

しかし、ストーリーとしてはいずれもとても見ごたえがありましたし、決して視聴者を飽きさせなかったと思います。

椿の退職後の父親探し、伊東のもとで再出発となった共亜火災、それぞれのその後も気になりますから続編にも期待したいところです。

椿と博史の名コンビをどこかでまた見ることができればいいですね。

 

Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ミスデビルを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

まとめ

次週から『Missデビル』が見られなくなるとは実に寂しいものがあります。

菜々緒さんのメイクも好評になるなど、ストーリー以外にも大きな話題を残したドラマでしたからね。

見逃した方は、ビデオオンデマンドで視聴することをおすすめしておきたいと思います。

スポンサーリンク