【正義のセ】痴漢事件の被害者坂下あゆみ役の女優は誰?プロフィールを紹介

女優・吉高由里子さんが主演を務めるドラマ「正義のセ」第9話において、痴漢事件の被害者・坂下あゆみとして登場するのはAKB48メンバーの向井地美音さん。

事件で心に傷を負った女子高生という難しい役どころを見事演じ切りました。

 

向井地美音さんのプロフィール

【正義のセ】痴漢事件の被害者坂下あゆみ役の女優は誰?プロフィールを紹介

ネットでもかわいいと評判の向井地美音さん。

みーおんというニックネームで親しまれています。

身長は150cmと小柄な体格です。

生年月日は1998年1月29日。

出身は埼玉県で、中高一貫の進学校さいたま市立浦和高校に通っていました。

県内でも進学校として知られる同校の偏差値は69。

かわいいだけではなく賢いとは、まさに才色兼備ですね。

向井地美音さんは忙しくなった芸能活動を優先して日出高校に転校します。

卒業後は大学には進学せず芸能活動に励んでいます。

そんな向井地美音さんのInstagramは、「世界観があってかわいい」「THE女の子って感じ」と女性から話題を呼んでいるのです。

彼女が投稿する写真はピンクをベースにしていて、どれもキラキラ、ふわふわといった女性らしい加工が施されています。

撮影方法にもこだわっているそうで、真似したいという女性が続出しているとか。

人気のInstagramerが多いAKB48メンバーの中でもコメントも盛り上がり、センスの良さでも話題になっている女性なのです。

スポンサーリンク

 

華々しい子役時代

子役として活躍していた向井地美音さんはなんと4歳のころからCMなどに出演していました。

記憶に残っている最初のドラマはNHKの大河ドラマ『利家とまつ』での浅井長政とお市の方の娘・初姫役。言葉を話せるようになったころからはドラマなどにも出演しました。

中でも有名なのはドラマ「アンフェア」で、主演の篠原涼子さんが演じる刑事・雪平夏見の娘である佐藤美央役として出演していたことでしょう。

ドラマの中でも非常に重要な役どころで、また声が出ないという設定がなされていた難しい役を務めあげました。

子供のころはセントラル子供タレントという事務所に所属。

小学校5年生で子役を一時休業するまで仕事と学業を両立していました。

受験を経てさいたま市立浦和中学校に進んでからはイー・コンセプトに所属し、友人から紹介されてAKB48に出会います。

ファンになった向井地美音さんは次第にメンバーになりたいという気持ちが湧いてきて、AKB48の15期生オークションを受けることになりました。

 

次世代のエースへ

オーディションを受けた向井地美音さんは1月19日、第15期生オーディションの最終審査に合格。

晴れてAKB48の研究生となります。

研究生時代からそのかわいらしさで「逸材」だとファンの間で話題になりました。

2014年2月、メンバーに昇格。チーム4に所属していました。

当時卒業を控えていた元AKB48メンバーの大島優子さんがセンターを務めた名曲「ヘビーローテーション」のセンター後継者に指名され、さらに注目を集めることとなります。

その後次世代メンバーの代表的存在となった向井地美音さん。

『第8回AKB48選抜総選挙』で第13位に輝き、初の選抜入りを果たします。2016年の44枚目のシングル『翼はいらない』では、初のセンターを務めました。

向井地美音さんは、将来の夢は女優だと語っています。

今回のドラマ『正義のセ』へのゲスト出演は、その第一歩とも言えるでしょう。

子役時代からの長い芸歴で学んできたことを活かして、さらに大きく羽ばたいてほしいですね。

正義のセ】を見逃しても無料で動画視聴する方法

正義のセを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:日テレオンデマンド公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:Huluの公式サイトはこちら

※Huluは無料体験期間を利用して無料視聴することができます。

まとめ

物心つく前から華々しい世界に身を置いてきた向井地美音さん。

若いながらも長い芸歴を持ち、さらにはAKB48の次世代エースとしても期待されています。

アイドルとして、女優として、2つの顔を持つ彼女は、今後も輝き続けることでしょう。

スポンサーリンク