ブラックペアン7話のネタバレ考察と感想|木下香織と山本祥子の過去の恩讐

タイトルのとおりに「ブラックペアン」がキーとなり、あわせて人間関係が見どころとなっていく『ブラックペアン』。

今回はカエサルによる手術ととある過去の医療ミスとが焦点となっていきます。

はたしてどのようなドラマが繰り広げられていくというのか、注目していきましょう。

第6話のネタバレ考察と感想はこちら

 

ブラックペアン第7話のネタバレ

世良雅志(竹内涼真)は、渡海征司郎(二宮和也)が佐伯清剛(内野聖陽)を信用していないと語るのを聞きます。

そんな渡海は渡海春江(倍賞美津子)の手術の件で処分され、東城大学から帝華大学へと去ることに。

その後富沢雅之(福澤朗)が東城大学にやって来て、カエサルを入院中の山本祥子(相武紗季)に使ってみてはと持ち出します。

しかし富沢がそんなことを知っているのはおかしいと、東城大学では渡海のリーク疑惑が浮上することに。

そんな山本は木下香織(加藤綾子)の元上司で、医療ミスの責任を彼女に被せてきた張本人なのでした。

さて、黒崎誠一郎(橋本さとし)の指示で山本にペニシリンが投与されたと知った世良は動揺します。

さいわい木下が止めることとなり、山本はそんな彼女に感謝するのでした。

が、ペニシリンをめぐっては黒崎から看護師へと責任転嫁がされてしまうことに。

一方で帝華大学では患者に異変が起こりますが、渡海によって救われます。

その後お金が入った封筒を受け取る渡海なのでした。

 

カエサルの手術の結果は?

黒崎がカエサルを使って山本の手術を始めていきます。

上首尾に運んだかに見えましたが、高階権太(小泉孝太郎)は異常を発見してしまいました。

スポンサーリンク

守屋信明(志垣太郎)は手術の中止を主張しますが、高階は患者本位の手術を訴えて黒崎と対立してしまうのでした。

結局、木下の機知によって手術は続行され、カエサルによる手術は成功することに。

が、渡海が宮元亜由美(水谷果穂)に、父親の命を救うことと引き換えに患者の個人情報を悪用したと指摘します。

おまけに、この件には守屋も関与していた証拠を突きつけ、守屋は窮地に。

佐伯は守屋に、不問とする条件として渡海を受け入れることを突きつけるのでした。

こうして渡海は東城大学へ復帰し、木下と山本も和解します。

一方で西崎は高階にカエサルの件で論文を書くように指示し、佐伯は反撃できないからと安心させるのでした。

そんななか池永英人(加藤浩次)は佐伯に疑問を感じ始め、彼のことを調べていくことに。

その後世良はペアンのレントゲン写真の件で動揺していくのでした。

 

ブラックペアン第7話の感想と考察

『ブラックペアン』第7話では、木下と山本の過去の恩讐が最大の見どころとなりましたね。

ただでさえドロドロとしたストーリーのドラマですから、こんな問題があらたに噴出してくればますます興味深くなってくるところでしょう。

最終的には木下と山本は和解という結末になりましたが、もし分かり合えなかったらと思うとぞっとしてしまいますよね。

一方でカエサルを使った手術が無事に成功したことも、いい結末になりました。

しかし、宮本や守屋の件はとんでもない激震となってしまいました。

おまけに池永も佐伯をめぐって動き出していきますし、これから先どうなっていくのかまったく目が離せません。

やっぱり最終的には佐伯は破滅することになるのか、それともそうはならないのか、気になりますよね。

いよいよ最終回まで残り少なくなってきた『ブラックペアン』の今後に、ますます注目していきましょう。

 

【ブラックペアン】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ブラックペアンを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:Tver公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:U-NEXTはこちら 

※U-NEXTは無料体験に登録するともらえるポイントを利用して無料視聴することができます。

まとめ

渡海にせよ佐伯にせよ、さらに緊迫した展開になっていきそうですね。

そして、タイトルの「ブラックペアン」のことが、ますます要チェックとなっていきそうです。

最後の最後まで、原作小説も人気な『ブラックペアン』の動きを注視していきましょう。

スポンサーリンク