ブラックペアン

二宮和也さんが孤高の天才外科医を演じていることで話題のドラマ『ブラックペアン』。

海堂尊さん原作ということもあって、本格的な医療ものとなっていますが、第3話はどのように進展していくのでしょうか。

今回も、渡海征司郎の活躍から目が離せなくなっていきそうですが、さっそく、あらすじのほうを見ていきましょう。

 

スナイプ手術をめぐって

高階権太(小泉孝太郎)は、西崎啓介(市川猿之助)から、スナイプ手術の論文の件でプレッシャーをかけられていました。

さて、東城大学医学部付属病院に、田村隼人(髙地優吾)が入院してきました。

彼の父親は有力官僚である田村浩司(依田司)です。

そんななか、佐伯清剛(内野聖陽)をライバル視している西崎啓介は、スナイプ手術の論文の件で、世良雅志(竹内涼真)から協力を受けることに。

が、田村隼人はスナイプ手術をすることがむずかしいと判明してしまいます。

そこで脱落した高階権太の代わりに、渡海征司郎(二宮和也)が担当することが決まりました。

渡海征司郎は結局、田村隼人の状況からスナイプ手術を断念しますが、西崎啓介はあくまでやるよう求めていきます。

その後、患者側にスナイプ手術の危険性を説明した、渡海征司郎。

そんな彼とぶつかっていく、高階権太。

ところが、高階権太は、佐伯清剛から暗に西崎啓介を裏切られるよう求められ、困惑することになるのでした。

 

スナイプ手術は成功するのか?

結局、田村隼人のスナイプ手術を執刀することにした、渡海征司郎。

一方、楠木秀雄(田崎真也)に異変が起こり、病院側は東京出張中の佐伯清剛に連絡を取ろうとしますが、連絡がつきません。

渡海征司郎は、田村隼人のスナイプ手術続行を求める高階権太と世良雅志の板挟みに。

スポンサーリンク

結局、渡海征司郎は、仰天すべきことに、2人とも一気に手術することを決断。

楠木秀雄のスナイプ手術を終える渡海征司郎でしたが、すると田村隼人が危なくなってしまいます。

渡海征司郎が戻り、田村隼人は自分がするから、楠木秀雄は高階権太が執刀しろと指示。

最終的に、スナイプ手術は両方とも成功裏に終わったのでした。

知らせを聞いた佐伯清剛は安堵し、西崎啓介は高階権太を評価します。

が、その後、楠木秀雄のスナイプ手術に日本外科学会理事長選挙が関わっていたと知って、驚愕する高階権太。

そんな彼に、佐伯清剛は、ますます論文をめぐってプレッシャーを高めていくのでした。

 

【ブラックペアン】を見逃しても無料で動画視聴する方法

ブラックペアンを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。

放送終了から1週間以内:Tver公式サイトこちら

放送終了から1週間以上経過:U-NEXTはこちら 

※U-NEXTは無料体験に登録するともらえるポイントを利用して無料視聴することができます。

ブラックペアン 第3話の考察

スナイプ手術をめぐる緊張と、佐伯清剛VS西崎啓介の戦いが、それぞれ見どころとなりましたね。

東城大学医学部付属病院に入院してきた田村隼人が高級官僚の息子ということで緊張を強いられる、高階権太。

さらに彼は、佐伯清剛と西崎啓介のはざまで揺れていくことになります。

このあたりに、大病院を舞台にしたドラマの臨場感を感じますよね。

そんななか、田村隼人がスナイプ手術は無理だと分かるわけですが、それでもあきらめない西崎啓介がすごかったです。

まさに、医療現場特有といった空気を覚えます。

最終的に、もともと執刀予定だった田村隼人も、容態が悪化した楠木秀雄も、両方救うことになった、渡海征司郎。

しかし、その渡海征司郎すら、日本外科学会理事長選挙を無視していなかったわけですから、本当に深すぎますよね。

ジャニーズ屈指の演技派として知られる二宮和也さんの演技も鬼気迫るものがありました。

今後も、オペ、佐伯清剛VS西崎啓介の双方に注目です。

まとめ

ドラマだからいいようなものの、現実の病院の舞台裏がこんな感じだったら、さすがに怖いですよね。

渡海征司郎にしても、腕に関しては天才的ですが、何を考えているのか分からない一面もありますので、早くも次回の動きが気になります。

引き続き、東城大学医学部付属病院の人間関係を見守っていきましょう。

スポンサーリンク