紅葉の棋節(もみじのきせつ)6話ネタバレ考察と感想|新星杯と雪柳渚登場

2018年6月18日発売の週刊少年ジャンプ29号掲載の紅葉の棋節第6話「門前」のネタバレや感想をご紹介していきたいと思います。

また、こちらの記事はヤングジャンプ発売日~翌日の間に毎週更新していきます。もちろんネタバレが豊富なのでコミック派の人や、まだ読んでない人はネタバレに注意しましょう!

 

兄である桜の“桜流”の攻め将棋をしてくる吉野だったが、紅葉も圧されてばかりではなかった。

“紅葉流”の受け将棋で対抗する紅葉だったが、銀杏の弟子の座をかけた吉野VS紅葉の戦いは、洋桃が来たことにより一時中断となってしまった。

現・竜王である赤江竜王に宣戦布告をした銀杏だったがどうなってしまうのか?

第5話のネタバレ考察と感想はこちら

 

紅葉の棋節6話「門前」ネタバレ考察と感想

新星杯決勝で銀杏と戦う事になった、赤江一門の大谷王次(おおたにおうじ) 棋帝(きてい)。

『こんな大一番が控えてたのに、俺に指導してくれてたのか…』

特別企画により、公開対局で行われてる銀杏の姿を見ながら紅葉が言う。

紅葉は、今度カントリーマアムを差し入れしようと思いながら人が多い会場を歩いてると、以前会ったことがある館虎千鳥と再会する。

 

「あーーー!!!!」

お互いに指を出しながら大声を出すも、いきなり誤ってきた千鳥に状況がよく分かっていない紅葉。

それはそうだ…、最初あんなに突っかかってきて悪態ついてたんだから。

千鳥曰く、桜に憧れていたとのこと。

初めて桜の将棋を見たときに、なんてかっこいい人がいるのだと衝撃を受けてしまったらしい。

しかし、桜の弟が“負けたら騒ぐ奴”という話を聞いて「伝説の顔にドロを塗るようなダセェ事すんな」と腹がたっていろいろ言ってきたらしい。

 

「オメェの将棋はカッケかった!!」とストレートにぶつけてくる千鳥に照れる紅葉。

スポンサーリンク

許せとは言わないが、同期の奨励会員にもなるし時々将棋を指してくれないかと言ってくる千鳥に、二つ返事で返す紅葉…まぁ千鳥は悪い奴ではないかもしれないですね。

むしろちゃんと謝ってきていい子!

 

そんな紅葉と千鳥の近くに赤江一門の3人がやってくる。

「気になる棋譜があるんだけど…」といって赤江椿門下・雪柳渚(ゆきやなぎ なぎさ)が一枚の棋譜を取り出すが、そはれは吉野と紅葉のものだった。

銀杏が出していたことを知らない紅葉は「え…っなんであの棋譜が…!?」と吃驚。

 

「僕らの後輩にあたるわけだ」という渚の言葉に、3級以上の実力者の奨励会員

と言う事に気づく。

再現をしながら指していく渚たち…先手である吉野の将棋に、「切れ味抜群!」と褒めるものの後手の、紅葉の指し方になんでこうしなかったといろいろ言われる。

だが、カウンターをきめた紅葉の指し方に驚く3人。

 

一方で、新星杯トーナメント決勝戦を開始した銀杏と大谷。

赤江竜王から話は聞いているようで、開始早々切り出してきた。

「市原一門がこの棋界を変えるか…ここ数年僕たち赤江一門がほぼ上位を占めている…つまり、僕らへの挑戦と受け取っていいかな?」

そんな大谷に、盤上で語ろうという銀杏。

 

観覧席で銀杏の将棋を見始めた紅葉と千鳥。

銀杏の棋譜は散々見たが、対局を見るのは初めての紅葉はテレビ越しに見たことのない銀杏の顔を見て、武者震いする。

紅葉の反応を知らない銀杏は、『今度は私が魅せつける番だ!!』と将棋をさしていく…圧されているかに見えた試合だったが、結果は銀杏の勝利で試合は幕を閉じた。

 

 

『早くこっちへ…おいで』

勝った銀杏が席で見ている紅葉の方へと振り向く。

 

負けてしまった大谷の後ろ姿を見た渚たちが「大谷さんの雪辱はおれ達弟弟子が果たそう…これ以上赤江の門前を散らかせないよ」と言ったところで6話は終了します。

 

最新のコミックを完全無料で読む方法

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=tu3h34xb&acode=44khm3kiczbu&itemid=0

  • 最新刊が読みたい。でも買うのはお金がかかるしかさばる
  • 最新刊が読みたい。でも買いに行くのが面倒、通販の配達待つのもいや
  • 漫画喫茶に読みに行くのも面倒
  • いますぐ漫画を無料で読みたい

そんなあなた、最新のコミックを完全無料で読む方法があります。

有名なので既にご存知の方も多いかもしれませんが「U-NEXT<ユーネクスト> 」というサービスを利用します。

U-NEXTは映画、アニメ、ドラマが見放題で有名なのですが、実は書籍・漫画・ラノベも読めます。

書籍・漫画・ラノベはなんと合計33万冊以上!

知名度も高く有名な公式サイトですので、安心して利用できますよ。

 

最新のコミックを完全無料で読む方法にはU-NEXTの31日間無料トライアルを利用します。

無料トライアルに申し込むと今なら600円分のポイントもらえるので、そのポイントを利用して

コミックスの読みたい巻を無料で読むことができます!

映画・ドラマ・雑誌は見放題です!

もちろん無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約は簡単に完了します。

こんなお得なキャンペーン中々ありませんよ!

31日無料トライアルはいつ終わるか分かりませんので、このチャンスにぜひ利用してみましょう。

 

ちなみにeBookJapanでは登録なしで漫画を数ページ立ち読みすることができるので、立ち読みして続きが気になった漫画があったらU-NEXTを利用して無料で読むのがおすすめです。

まとめ

最初は決してお互い仲がいいとは言えなかった紅葉と千鳥でしたが、なんかなかよくなったみたいで良かったですね、紅葉友達いなそうだし。

そして、さすが銀杏…!へらへらしてるから、腕はどうなのかと思っていましたがやっぱり強いですね…!

あの吉野も銀杏の弟子になりたいと言ってた理由が分かった気がします。

次回の紅葉の棋節も楽しみです!

スポンサーリンク