魔風が吹く2話ネタバレ考察と感想「魔風が吹く」

魔風が吹く第2話「報いに戦く」(2018年4月19日発売のヤングジャンプNo.20号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

こちらの記事はヤングジャンプ発売日~翌日の間に毎週更新していきます。もちろんネタバレが豊富なのでコミック派の人や、まだ読んでない人はネタバレに注意しましょう!

主人公の腹からアダプタの線が飛び出している衝撃の第1話でしたが、第2話はいったいどうなってしまうでしょうか。

堺と上遠野はどうやって出会うのか。本当に上遠野が腹に埋め込んだのか。

読み進めたい気持ちが止まりません。

第1話のネタバレ考察と感想はこちら

円城寺真己先生の他の作品はこちら

 

魔風が吹く第2話のざっくりまとめると

  • 上遠野が堺のスマホを見つける
  • 堺が上遠野に連れ去られる
  • 上遠野からもう1人殺すよう言われ、堺がスマホを腹に埋め込まれる
  • 堺が田舎道に放置され、腹からアダプタがぷらん

 

魔風が吹く第2話「報いに戦く」ネタバレ

遺体を捨てた嵐の夜、堺は遺体を捨てた川を見てつぶやく。

・・・何(なん)を

何を流してしまったとやろか

−霊安室に上遠野と警察

布がかかった上遠野の娘を挟んで二人が立っている。

「娘さんのご遺体は・・・。どうやら死後に川の上流から遺棄されたようでして・・・。」

台風で増水した川の流れに乗って住宅地まで流れ着いたと説明する警察。

「詳しい死因は検死の結果を待たないと・・・」

−窓のシャッターが降りたままの堺のアパート

「・・・ねえ、ちょっと翔平」

愛梨が堺に声をかける。

「・・・ん」

「だけん雨戸開けてって言ったたい。もう台風来て3日も経つとよ」

「・・・自分で開けりゃよかやろ・・・」

「だけん何かひっかかって固か言ったじゃなかね」

愛梨がテレビをつける。テレビからニュースの音声が流れる。

『−−日、K市中央区で発見された身元不明の遺体は県内の大学に通う大学生「上遠野由奈(かどのゆな)」さんと確認され・・・遺体の首には紐状のもので縛られた跡とみられる外傷も見受けられ』

「・・・テレビ消せよ・・・」

「雨戸開けろや」

『警察は殺人事件とみて捜査しています・・・』

「見とらんやろ消せて・・・」

「あーまーど」

消せよッ

枕を愛梨に投げる堺。

「何キレよっとかこんボケ!!!」

愛梨がテッシュボックスを持って叩こうとするが、堺は顔を右腕で覆って震えている。

ずっと外に出ない堺を心配する愛梨。

「愛梨には言えん・・・」

「何よそれ・・・。ねぇ、翔平。地震の時だって話したやろ。この先も二人で助け合って生きていこうねって。ちゃんと話してくれんと何もわからんよ・・・」

「・・・・」

これまでの経緯を愛梨に話す堺。

「・・・・・・・・・・・・・マジで言いよっと?人を川に流したって・・・・ちょっとちゃんとこっち見ろて!」

「んくう」

「んくうじゃねぇわ!!お前ふざけんなって引き籠もっとる場合じゃなかやろ!!ニュースになっとるとぞ全国の!!!

堺の腕を掴みながら怒鳴る愛梨。

「だけどどうすりゃいいのかわからんて言っとるやろが!!!」

「他にどうしようもなかったとよ・・・。脅されて・・・。恐ろしくて・・・。」

「・・・警察行こう翔平・・・。このまま怖がっててもしょんなかよ・・・」

警察に行くことを促す愛梨。

何があっても愛梨、翔平の側におるよ。大丈夫だけんね?

そう言って堺を抱きしめる愛梨。

「・・・うん・・・」

堺も愛梨を抱きしめる。

−病院

「上遠野先生、やっぱりもうしばらく休むみたいですね」

「そりゃそうよ。奥さん早くに亡くして男手一つで育てた由奈ちゃんがまさかあんな目に遭うなんて・・・」

上遠野は優しくて腕も良く、人気もあるらしい。

「私、見ましたよ。川原で」

「川原?」

-上遠野が川にいる

川の中で足を滑らせながら手がかりを探す上遠野。

階段に座って休む上遠野。増水によって鯉が打ち上げられてる。

鯉の目玉がカラスに摘まれる。それをじっと見つめる上遠野。

『御遺体の傷の大半は、濁流に揉まれるているうちについたものかと・・・』

階段から立ち上げりまた川に入る上遠野。

「!」

川のそこに何か見つける。拾い上げていると「SUNY 」と書かれたスマホだった。

-公園

ベンチに座りうつ向いている堺。

『・・・・・一週間たっちまった』

『警察署すぐそこなんやけど、何度来ても中に入るのが怖い・・・』

『捕まるよな・・・死体遺棄とか・・・サギもバレる・・・』

『この公園・・・地震の時避難しに来た・・・』

避難している堺と愛梨の描写。

堺はキムタケと番頭の言葉を思い出す。

『なんであいつに言われるまで、そげんことも考えかったんやろか・・・』

『俺はそげん人でなしやったか・・・』

『・・・違う。俺はあいつ等とは違う。行こう。ここでやり直さんと』

ベンチを立ち公園を出ようとする堺。

堺の前に1台の車が停まる。

ウィンカー開くとそこには上遠野がいた。上遠野と目が合う堺。

「堺・・・翔平くんだね。乗りなさい」

助手席に乗る堺。冷や汗をかき、「ハッ」「ハッ」「ハッ」と息をする堺。

「・・・あの・・・。警察の人ですよね・・・・」

警察に行こうと思ってることを話す堺。

その一方、堺から見えない位置で注射器に薬品を入れる上遠野。

上遠野は左手でいきなりゴンッ!と堺の頭を助手席側の窓にぶつける。

頭を押さえつけながら堺の首に注射を打つ上遠野。

堺は助手席で意識を失う。

−目を覚ます堺

助手席に縛り付けられている堺。外は夜になっている。

縛り付けられていることを理解できていない堺。

「山の中だよ。もう県境に近い」

「誰だかわからず不安だろう・・・」

上遠野が続ける。

スポンサーリンク

「上遠野由奈。という名前を最近聞かないかな。その父親だと言えば思い当たることもあるんじゃないかと思って」

スマホを取り出し、堺に見せる上遠野。

「このスマホは君のだろう。川の中で見つけたんだ」

「悪いけど、中を見させてもらったよ。台風の以来さわった形跡がなかった。つまり落としたのはその日だ」

「台風の日に川で何をしていたんだろうか・・・。正直に答えてほしい・・・」

殺したのは君か?と聞く上遠野。

「ちッ違う!!俺・・・」

危害を加えないから正直に話して欲しいと言う上遠野。

堺が警察署に行くのをためらう姿をずっと見ていたらしい。

堺は台風の日に友達に呼び出され、脅されて遺体を捨てたことを話す。

上遠野はこれまでの気持ちを堺に話す。

「堺君、君は真剣に償おうとしてくれている。そういうことなんだろ?」

「・・・・本当にごめんなさ・・・」

何故だ。何故そんなことができると考えた

「・・・・・・え?」

「こんな手荒な真似をして君を連れ去らなきゃならなかったのはそこだよ、堺君」

「警察へ行っていったい何を償おうとしていたんだ。まさか数年の刑期で何かが償えるとでも思ったのか」

由奈を殺したい人間が刑務所の中でのうのうと生き続ける。それだけは絶対に許すわけにはいかない

堺に近づく上遠野。

「ちょっ・・・」

上遠野は座席を倒す。

「違・・・・」と言いながらシートごと倒れる堺。

堺の口をテープで止める上遠野。

「端から君みたいな人間から真実が聞けるとは思っていないんだ・・・」

「君に望むことなんて唯一つしかないんだよ?だからこのまま捕まらせるわけには絶対にいかない」

だったらせめてもう1人、人を殺すんだ。きちんと死刑になるまで人を殺しなさい

「このスマホは君に返すよ。ただし位置情報はこちらで見られるようにしておいた」

「それとワイヤレスのイヤホンマイク。アダプターも付けておくよ。不便だろうからね・・・」

イヤホンを見つめ「ンッ?」と言う堺。

薬を取り出し、朝・昼・晩の痛み止めと抗生物質の用量を説明する上遠野。

「・・・患者にはいつも納得してもらうまで説明するようにしているんだ」

そう言いながらカチャカチャとベルトを外す上遠野。

堺が不安そうに上遠野とベルトを交互に見る。

エタノール消毒液や手術セットの準備をする上遠野。

「この先、君がどこへ行って何をするのかこのスマホを通じて常に見ている」

「君がもう1人、人を殺すまでずっとだ。まだよくわかってないだろう。でもこれからきちんと納得してもらうよ」

危害は加えないと約束した。でもこの施術には痛みが伴うからね

上遠野はメスを取り出し、堺の腹にメスを入れる。

上遠野はメスで腹を切りながら、戦中・戦後は麻酔を使わずに盲腸の手術をしていたことを話す。

「先に縛りつけておかないと、後で押さえつけるのは大変だったって・・・」

「親父も医者だった。医者の家系なんだよ。」

ガグガクと身体が震えている堺。

堺の腹にスマホを入れる上遠野。

堺は上遠野が多重に見えている。

「ちゃんと聞いているのか、堺君・・・」

ガグガクガグガクと声も挙げれずに痛みに震える堺。

「娘も医者を目指していたんだ」

−朝、堺が道路に倒れている

目を覚ます堺。

「・・・・・・ん・・・」

上半身を起こすとお腹の痛みに気づく堺。

「いっ・・・?」

腹を見ると包帯が巻かれアダプタがぶら下がっている。

包帯を取る堺。包帯には血が滲んでいる。

堺は腹からアダプタが伸びていることを確認する。

・・・・・ハッ・・・

・・・・・ハッ・・・・・

・・・何これ・・・

・・・・・誰か・・・

ああ・・・・・

ああああ・・・

徐々に声が大きくなる堺。地面に向けて叫ぶ。

ああああああああ!!!

アー!!!!

 

最新のコミックを完全無料で読む方法

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=tu3h34xb&acode=44khm3kiczbu&itemid=0

  • 最新刊が読みたい。でも買うのはお金がかかるしかさばる
  • 最新刊が読みたい。でも買いに行くのが面倒、通販の配達待つのもいや
  • 漫画喫茶に読みに行くのも面倒
  • いますぐ漫画を無料で読みたい

そんなあなた、最新のコミックを完全無料で読む方法があります。

有名なので既にご存知の方も多いかもしれませんが「U-NEXT<ユーネクスト> 」というサービスを利用します。

U-NEXTは映画、アニメ、ドラマが見放題で有名なのですが、実は書籍・漫画・ラノベも読めます。

書籍・漫画・ラノベはなんと合計33万冊以上!

知名度も高く有名な公式サイトですので、安心して利用できますよ。

 

最新のコミックを完全無料で読む方法にはU-NEXTの31日間無料トライアルを利用します。

無料トライアルに申し込むと今なら600円分のポイントもらえるので、そのポイントを利用して

コミックスの読みたい巻を無料で読むことができます!

映画・ドラマ・雑誌は見放題です!

もちろん無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約は簡単に完了します。

こんなお得なキャンペーン中々ありませんよ!

31日無料トライアルはいつ終わるか分かりませんので、このチャンスにぜひ利用してみましょう。

 

ちなみにeBookJapanでは登録なしで漫画を数ページ立ち読みすることができるので、立ち読みして続きが気になった漫画があったらU-NEXTを利用して無料で読むのがおすすめです。

魔風が吹く第2話の考察

やはり堺の腹にスマホを埋め込んだのは上遠野でしたね。

もう1人殺して死刑になれと言う上遠野。

上遠野の監視から助かるには上遠野に無実を証明するしかなさそうな雰囲気です。

無実を証明する過程で堺は番頭から追われる身となるのでしょうか。

1話で番頭から追われている堺は金を盗んだことにされていますので、一体誰から罪を被せられたのか気になるところです。

 

魔風が吹く第2話の感想

魔風が吹くの面白さが徐々に浸透しているようです。

既に実写化も期待されている読者もいますね!確かに実写化もしやすそうなストーリーです。

ぜひ熊本で実写化して欲しいですね!

九州の方言もバッチリとのことで、九州方面の読者の心もガッチリ掴んでいるようですね。

 

まとめ

実写映画化したら見どころとして「腹に埋め込まれたスマホ」とかデカデカと宣伝されそうですよね。

それにしても麻酔なしで手術なんて想像しただけで「あー!!!」です。こわいこわい。

真実を突き止める前に堺に手を出した上遠野はどうかと思いますが、愛娘を殺さて怒り狂う気持ちはよく分かります。

次回の展開にも注目です!

スポンサーリンク