中間管理録トネガワのナレーションがひどい?どうしてこうなったのか

7月から日本テレビにて放送開始した「中間管理録トネガワ(ちゅうかんかんりろく とねがわ)」。

あのカイジのスピンオフ作品ということで放送前から注目を集め、放送開始されてからもいろんな意味で目を留められたアニメです。

中でも話題になったのが、ナレーション…..

普段のアニメでは違和感なく、うまくストーリーを繋げる引き立て役を担っているイメージですが、今回は違うみたいですよ笑

詳しくみていきましょう。

 

中間管理録トネガワのナレーターは誰?


「中間管理録トネガワ」のナレーターを務めている人物は一体誰なのでしょうか??

それは【川平慈英(かびらじえい)】です。

多くの方が彼の名前を聞いたことのあるのではないでしょうか。

 

生年月日:1962年9月23日の55歳

出身:沖縄県

職業:ナレーター・キャスター

 

いつもはスポーツキャスターとして「ムムムッ!」という名台詞があったり、「いいんです!」などの決まり文句を持つナレーター。

兄もジョンカビラという有名キャスターで知られ、父も大学の名誉教授をしていたり、著名人の多い家庭で育ったようですね。

川平慈英も芸能界で銘打つような活躍を見せていまして……

TBS「SASUKE」、「表参道高校合唱部!」、楽天カードのCM、などナレーターとしてコンスタントに仕事をもらい、最近のサッカーW杯でもメインキャスターとしてTV出演している番組がありましたね。

そんな売れっ子芸能人の彼が、今回「中間管理録トネガワ」にてナレーションを務めたわけですが、良いに決まってると思いきや……

ひどいなんて意見があったりするみたいで…

 

中間管理録トネガワのナレーションがひどい?

中間管理録トネガワのナレーションがひどい?

アニメ「中間管理録トネガワ」のナレーションがひどいんじゃないかと感想が集まっております。

まず今回ナレーターを務めているのはサッカーのイメージの強い「川平慈英(かびらじえい)」。

スポンサーリンク

あまりアニメで声優をしている印象がなかったので、起用された時点で作品に合うのかとささやかれていましたが……

やはり予想通りアニメの色にはちょっと合わなかったみたいですね笑

アニメ「逆境無頼カイジ」では立木文彦(たちき ふみひこ)が担当していたのですが、このようなネガティブな声は一切ありませんでした。

彼は銀魂のマダオ、BLEACHの更木剣八、映画「ガーディアンオブギャラクシー」のヨンドゥなど、有名作品にはもってこいの声優さん。

おそらくこれらの作品を見ていない方でもTV番組でのナレーション等で声を聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。

少ししゃがれた野太い声で印象に残る声ですね。

それに対して川平慈英。

やはりスポーツ感のある声といいますか、アニメをメインにやれていないことがあって、声色が今回の作品には合わなかったみたいですね。

放送されたばかり今は少し賛否の否が多めの見解ですが、最終的には「川平慈英のナレーションが作品に良いスパイスになっていた」なんて声が上がるも知れません。

 

中間管理録トネガワのナレーション、どうしてこうなったのか。

中間管理録トネガワのナレーション、どうしてこうなったのか。

川平慈英が務める「中間管理録トネガワ」のナレーション。

現在はプラスの意見が少ない印象を受けますが…

なぜあの川平慈英を起用してこのような事態になってしまっているのでしょうか。

普通に考えれば良いナレーターさんが出演すれば良い意味で話題になるはずですが……

どうしてこうなっているのかと迫るとやはり、アニメ「カイジ」の立木文彦のナレーションが十分に確立されているからということが理由のようですよ。

私はアニメに疎いのですが、「カイジのナレーターは誰?」と聞かれれば、名前は出ないともどんな声なのかということは答えることができます。

正直、カイジについて詳しく知らない方にまで立木文彦の声は浸透していることは確か。

やはり今回継続して声優を務められないともなれば批判の声は出てしまいますよね……

また今回川平慈英は起用された理由に「違った意味で爪痕を残すため」と言われています。

今作はギャグ多めのアニメになっているとのことですので、明るくポップな声優さんを起用するとなった時、役者としても評価の高い「川平慈英」がベストとプロデューサーが判断したみたいです。

今は「どうしてこうなってしまったのか…」と消極的な意見が寄せられてますが、いずれは「プロデューサーのセンスにあっぱれ!」と結果的に良かったと思えたなんていう感想が増えればいいですね!

 

まとめ

「中間管理録トネガワ」……カイジを見たことがあれば絶対に興味の湧くアニメですよね。

ナレーションに関しては不快感が否めないようですが、それ以外は有名監督の川口敬一郎が関わっているだけあって、面白いアニメになっているよう……

しばらく見ていれば川平慈英のナレーションになれると思いますから、とりあえず見続けてみましょう。

スポンサーリンク